プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

歩き出す

White X’mas PV



セピアがかった 白と黒の世界

クリスマスの朝
華やかな街とは 離れた町の片隅に
佇む6人の若者

それぞれの想いを抱え プレゼントを手にしている

彼女が会いに来られないわけ
自分が会いに行けない理由
心に 浮かぶ会いたい人の顔
彼女の笑い声 流した涙
待っている時間は いろんなシーンを連れてくる

サンタの振りまく金色の粉

街での 華やかなイルミネーションから離れたこの場所で
それぞれの想いは 動き始める

プレゼントを渡す決心をする者
プレゼントを置いて 立ち去る者

心は決まった


階段を下りる二人

ひとりは 
今の恋を もう一度やり直すため 歩き出す

もう ひとりは 
別れを受け止め
新しい出会いに向かって歩き出す

どちらも降る雪を見上げながら
確かな足取りで 階段を降りて行く


二人が 交互に映し出されるラスト
 
ベンチから立ち上がるときの 淋しそうな表情を
プレゼントと一緒に置いて 再び歩き出した彼は 
恋人の元に駆けつける彼と同じように 未来を見つめる目をしている




立ち止まり 立ち上がり 歩き出す

クリスマスソングの流れる街から離れたこの場所から
6人 それぞれの新しい道を歩き出す











若いときは <別れ>という言葉が嫌いだった
<ひとり>という言葉も嫌いだった

今は どちらも 人生を表す言葉だなと思う

恋人であっても 夫婦であっても 親子であっても
ずっと隣にいるわけじゃない
永遠なものなんかない


何かと出会い 別れ また 違う何かと出会う

その繰り返しの中で 
生きていくんだろうな

<別れ>は終わりじゃない
また 始めることだよね









ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

続きを読む »




KAT-TUNからの突然の クリスマスプレゼント
お友だちから メールで 届きました

新曲!
本格的 ラヴ バラード!
バラード 大好きなの



クリスマス
それも ホワイトクリスマスなんて 素敵!

クリスマス
それだけで お洒落
一年に1回の特別感がいいね

特別な日に 雪が降る
すべてを覆い隠す雪
一面の銀世界

もう 想像するだけで うっとりしてしまいそう






でも なんで 恋人たちの日なんだろ
ほんとは 家族で団欒する日だよね

3,4年前
夫の出張先の東京に押しかけて
そこで 家族でクリスマスを過ごすことにしたの
イヴの日 お台場で 家族で観覧車に乗ったんだけど
目立つこと目立つこと
だって カップルだらけの長蛇の列の中に 
高校生と中学生の姉妹 中年夫婦の家族連れが たった1組
注目度 ナンバーワンだったわ(笑)







♪ White X’mas ♪

悲しさ 切なさ 儚さの中にも
明日への予兆に満ちた 上質のショートフィルムのような楽曲





美しい愛って
やっぱり 片思い 実らぬ恋 悲恋?
そして 次に訪れる 恋の予感





でも 今更 片思い 悲恋っていってもね
もう 結婚 しちゃってるもん(笑)
一応 恋が成就したと考えるべきなのね(笑)

成就した恋の美しさを保つことは 難しいこと
日常という垢にまみれ
生活という荒波にさらされ 色褪せ 輝きを失っていく

しかし それは 消えたのでなく
愛や いたわりに姿を変えていった
激しく きらびやかなものではないけれど
穏やかで 肌温かいものに


でも やっぱり
クリスマスは 特別な日
その日だけ きらめきが欲しいな





そんな思いを胸に 彼らの曲を聴きたいな
美しいハモリ 期待していいかしら


PV
切なく甘いメロディに 
ひとりひとり どんな表情を重ねて見せてくれるんだろう





明日は 今日とは全くちがう朝になりそう
楽しみがあるっていうだけで
目覚めたとき 今日もがんばろうと思える
静かに待ってる自分も好きになれそう










ジャニーズブログランキング



好きだよと見つめ合って 踏み出せないのはなんで?
弱さと理性ってやつは なんか似たようなもんだ



「俺のこと 愛してるんだろ?」なんて
もう 聞かないで
もう 見つめないで


そう <弱さ>と<理性>
全く 無関係に見えて 深く繋がる
弱さを隠すために 理性がある

一度堕ちたら 這い上がれない
もう 戻れない 元の場所には

自ら もがくことを求めながら
もっと もっと堕ちていきたい
苦しさと快楽は 裏腹なものだから 


踏み込んではいけないところ
そこに近づかないのが 理性

己の弱さを知っているから
溺れそうな自分が怖いから
理性という名の鎧をまとっているの

本当は 縛りから 開放されたい
自分を自由に解き放ちたい
ほんとに あなたを愛しているの

どこにいても 何してても あなたのこと 思っている
もう 逃げられない

switch on
誰か 私のスイッチを押して
愛のコマンド(指令)
すべてを そのせいにさせて






目を閉じても まだ 心を閉ざしている?
本当の自分を見せないのは 何故?
何に縛られているの?

壁の向こうの彼女の心
氷でできた この壁を
溶かすことが出来ない

見えているのに
手が届きそうなのに
熱い心に触れることができない

どんな言葉が 心を開くの?
どうすれば 信じられるの?
身体を重ねたとしても
自分のものにならない彼女の心
いっそ 壊してしまいたい



どうすれば 俺のものにできる?
どこにぶつけていいか分からない気持ち
思いが募るほど 切なさは増す

どこにいても 何してても あなたのこと 思っている
もう 逃げられない

switch on
俺のスイッチは押されてしまった
愛のコマンド(指令)
もう 逆らえない



彼女に愛の証を迫る男の子
余裕たっぷりに 悪ぶって見せているけど
掴みきれない彼女の気持ちに 
心乱されている

確信が欲しいのは 彼の方だね

そんな不安を見破られたくなくて
「覚悟をきめろよ
何もかも 忘れさせてやるぜ」 
と 強がって 激しく性急に 求めて見せる

「切ないね」のひとことに 
隠したすべてが 見えてしまう

官能的な曲なのに 切なさの方が 心に響く





ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング


広島コンサート
きっと 盛り上がったことでしょうね

今頃どんな様子かなと 
アルバムを聴きながら ひとりコンサート状態でした

今度のアルバム どれもいいですね
聴けば聴くほど 好きになります
今は AFFECTION 「UN-」がお気に入りです

聴いていると
その曲のイメージが 膨らんできます
私の勝手な世界ですが 
脳内にその光景が広がって 楽しめます

その中のひとつ


12 o’clock 

深夜 彼女を迎えに行く
スピーカーから流れる音楽
車は高速を駆け抜ける



普通に考えたら こんな感じ
車に 彼女乗せてるのよね
でも
ちょっと 違う映像が浮かんでくるの 
こっちの方が 私的には ピッタリなんだけど
どうかしら?






 
夜の高速のパーキングエリア
最強の状態にチューンナップされているマシン(バイク)にまたがり
集まってくる男の子たち

12 o’clock 
さあ 時間だ
出発だ

普段は結構もててるし 女には不自由してないけど
ここは男だけの世界
っていうか
彼女は ここにいるし
そう
こいつ このお気に入りのバイク

こいつでとばせば 風を感じることができる
俺が 風になれる

感じたい
ひとつになりたい
抱きしめる
お前(マシン)を

風と解け合い
重力を忘れ ふっとばす
宇宙に向かって飛べる気さえする
あの輝く星に 届きそうな気がする

冷たい風が
身体を研ぎ澄まし
現在を抱きしめる
温かいお前の身体
感じたい
ひとつになりたい
お前を離さない


今は こいつが最高
俺の相棒
そこらのオンナより ずっと感じさせてくれる



流れる髪
綺麗な横顔
風に冷やされ 青白く透き通る肌
瞳だけが 熱さを感じさせる 



仲間と一緒に 走っていても 心は縛られない
走ってるときは 二人だけの世界

今しか出来ない Rendzvous・・・






KAT-TUNのメンバーが お気に入りのバイクで
高速 とばしてるところ
想像しただけで 心が躍らない?

最後のChuは もちろん彼女(マシン)への KISSよ







ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング

w/o notice??



なんでだよぉ
なんか 調子狂っちゃうなぁ
いつもと感じがちがうんだよ

やべっ 俺 マジになっちゃたのかな


恋なんて ゲームだと思ってた
落としたら それで終わり
そこまでの 駆け引き
それが愉しいんだって


白いドレス 緑の草原で笑ってる
風邪に髪をなびかせて 走っていく
追いかける

俺 こんなとこで 走ってるなんて
ほんと まじかよ



映画に誘って 食事して 
夜景の綺麗なところでちょっと飲んで
それから 俺のいつものペースでって
でも なぜか いつもの決め台詞が出てこない

どうして そんなに俺のこと 見つめるの
あのさ そんな目でみられると ちょっと 戸惑うんだよね
俺の心の中 見透かされるようで

あのさ
どうして 笑ってるの?
困るんだよね
そんな風に微笑まれると
言い出しにくいんだよ
いつもの 気障な台詞

「ね ね ちょっと 手 貸して」
なんて 俺の手と合わせる手
温かいね
ドキドキが伝わりそうで 横を向いた
こんなに近くにいるのに
あと 一歩が踏み出せない

もう 初めて会ってから 3日目なんだぜ
なのに KISSさえできないなんて
ほんと どうしちゃったんだろ?
俺 マジで 欲しくなっちゃたのかも
お前の心が

なんでだろ
彼女との間に 「何か」がある
近づけないんだ

取っ払ってしまいたいのに
取っ払えない

なぜ
彼女が 大切だから
嫌われたくないから

えっ 
マジで 恋?
俺が
冗談じゃないぜ

どこからきたんだ
こんな想い
予告もなしに 俺の心の中に・・・









やっと じっくり聞くことができました
亀梨君のソロ CD
何度も聴くと 結構 好きです
お洒落な感じ
初夏の夜

私 夏の始まりの頃の夜って 好きなの
なにかが起こりそう
いつもと違う出来事
少し生暖かくなった風が 何かを運んできそう
理由もなく わくわくしてしまう


初恋の男の子の気持ちを表してるって言ってたように思うんだけど
どうしても 亀梨君だと<初恋>の初心な男の子のイメージじゃないのね
ゆっちのイメージの方があってるかな 
亀梨君だと やっぱり 恋に慣れてる男の子になっちゃうんだよね
(ごめんなさいね これ 一応褒め言葉なの 笑)








 ちょっとワルぶった男の子

恋愛なんて マジになった方が負け
ずっと そう思ってた
どんな綺麗な高嶺の花も 俺にかかれば イチコロさ
そんな自信も砕かれて

彼女の無邪気な目
疑いのない笑顔

初めて目と目が合った瞬間
心に響く 君のまなざし
時とともに大きくなり
目を閉じても けっして消えない


いつもの自分じゃない
弱気な自分に驚く

夜は更けていくのに 何も言い出せない 

初めての 不安な気持ち
心に芽生える 恋の予感
もう 止めることなんて できない
 




♪ ねぇ こっち向いてよって
ほんとは ちょっと謎の部分のある女の子に
振り回されされちゃう男の子なんだろうけど

亀梨君の場合 どうしても
いつもは 悪ぶってる男の子が 困ってる姿の方が可愛くて・・・
勝手に曲の解釈 変えちゃった huhuhu





あぁ どきどきっていいな
不安な思いも 恋の深さゆえ
いくつになっても 恋に憧れるわ(笑)





ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング


 | BLOG TOP |  NEXT»»