プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野ブタ。をプロデュース   最終話


最終回って嫌いです

無理にまとめようとしたり
結論を急いだりと
急な展開が違和感をもたらすことが多いから

今まで 隣にいると思ってた登場人物たちが
その日を堺に ぷっつり自分の世界から消えてしまう
たとえ 巧みな脚本で さも その物語の世界が
まだ続いているように見せかけたとしても
それは けっして私が覗くことができない世界
物語が続くからこそ そこに置き去りにされた私は
余計に寂しさを感じてしまう



野ブタ。の最終回
再放送ということもあって
すでに 話の流れを知っていること
一度自分の中で終わっていることで
違和感は感じない

修二の転校は 3人の関係をこのままの状態で封印するために
必要なものだし
野ブタと彰を二人にしておくこともできない
となると 意外な展開と思われた彰の転校も
必然に思われてくる




誰かを好きになることを 教えてくれたのは 野ブタ
野ブタのこと 忘れない


「野ブタ。は 修二が好きだったの?」
隣に座って見ていた娘の素朴な疑問

もちろん 好きに決まってるけど
それって 友情なの? 
恋愛感情に近いもの?

男女の友情ってあるわけないなんて思ってはいないけど
やっぱり 恋愛感情と きっぱり切り離すことはできない
異性としての魅力を感じない人を
友人としても 好きになんてなれないもの

友情と恋愛感情
どっちが上とか
どっちが高尚なものとか
そんなに単純に決められるものじゃないけど
友情は 続いていく可能性があるもの
恋愛は終点があるもの
そんな風に思っている

恋愛・・・ 片思いor成就
もし 思いが実ったとしても 別れはつきもの
もし思いが叶って 結婚ということになっても
そこからは 恋愛とは微妙に違うものに変化していく
やっぱり 終着点をむかえてしまうもの

野ブタと修二の間
友情と恋愛の真ん中にある
どちらかと言えば 恋愛に近いところ
でも 二人の努力で 距離を保っている
恋愛に近い気持ちだと気付きたくない
わざと 突き詰めない
恋愛に堕ちてしまえば いつかは終わりを迎える
無意識にそれを避けている

「ずっと 覚えているから」
いつまでも この位置関係を保っておきたければ
近づきすぎない
結論を出さない


好きになるって気持ち

最初はひそやかな思いから始まった
自分が思っているだけでしあわせなんだ
ただ そばにいるだけでいい
それが いつのまにか
私だけのものにしたい
私だけを見てほしい
他の誰も見ないで

「私は あなたの何なの?」
挙句の果てには
「仕事と私 どっちが大切なの?」
なんて 対象が人間以外のものにまで発展していく

好きって気持ちは 美しいもの 尊いものだけど
野放しにしたら どこまでも大きく育ちすぎて
コントロール不可能なところまで行ってしまう
恐ろしさを秘めている

<失楽園>の愛の世界
独占欲を美化させようとすると
もう「死の世界」しかないの?
私は こんな「愛の形」はけっして 美しいとは思わないけれど

これは 恋愛だけにとどまらない
友だち関係だって
「誰かの一番でいたい」
そう思い始めたら もう楽しい関係じゃなくなってしまう
不安や あせり 自分に対する嫌悪感

「ママが一番好き!」って 毎日言ってた子どもだって
一番でなくなる日が来ることも 確かだ
もし そこで 子どもを独占したい気持ちを持ってしまえば
親子は修羅場を迎える
新たな成長した関係を育てることはできなくなる



「誰かの大切な人でいたい」
「誰かの一番目の存在になりたい」
誰の心の中にも 芽生える自然な感情だけど
その思いの虜になってしまわないよう
距離を保つことが大切だと思う


野ブタにとっての一番大切な人は 修二と彰
ひとりに絞れないからこそ 
距離が生まれ バランスがとれ
いい関係が保たれる


ひとりでいられない人は
誰ともいい関係を築くことはできない

誰かに頼ることで 寂しさや不安を
消し去ることはできないのだから

孤独に耐えられる人だけが
人といい関係を築ける



亀梨君のファンでいるのは
淋しさを癒してほしいから?

一人ぼっちが苦手で 自分に自信のない私は
ほんとは 誰かの一番でいたい日もあるのです







ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング

スポンサーサイト
野ブタ。をプロデュース   8話 9話



本当だから 信じる
信じるから 本当になる


裏表のように見えて 大きく隔たる2つの違い
自分の心を大切にするのか
それとも 客観的な事実が大事なのか

でも 事実って 誰が証明するの?
誰も見ていないとき
証明してくれる人が 誰もいないとき



ドラマの流れから 逸れて
「本当」「信じる」って 言葉にとらわれてしまいました


「本当?」 
って 改めて聞かれると
確信が持てないことが 結構あるような気がする

「好き」
そんな 言葉でさえ
言われた方はもちろん
言った方だって 
「ほんとに 本当?」なんて聞かれたら
確信が持てなくなってしまいそう



本当って 何だろう
「~した」 「~しない」
なんて 単純なことは はっきりしているけど
心の中の奥底にあること
まだ 迷っていること
自分でさえ 本当なのか分からないこと

ほんとかどうか どうやって決めればいいの?


信じたいことを 信じればいい
ほんとうかどうかなんて 誰にも判らない
ほんとか どうかは 信じようとする人の心の中にある

言葉や態度を信じるんじゃなく
それを信じてる自分の心を信じられるかどうか
最後は そこにたどり着く


夢だって同じこと
その夢がかなうかどうかが大切じゃない
夢はかなうと信じられる自分がいるかどうかが 大事なんだ


「本当」「信じる」
自分で答えを出すべきこと・・・
自分の中に 自分の答えはある



野ブタ。8話
一番好きで 一番辛い回です

ここから 亀梨君の本領発揮というドラマ展開
心に闇を抱えた人物を演じるときの彼の演技

「俺にさ 今後一切 話しかけんじゃないぞ」
「もう言葉は通じねえんだよ もう俺の言葉は 誰にも届かない」


彼の表情
あの瞳
やっぱり 役者亀梨和也
あの目が 心に刺さる

何かを告げようとしてつぐんだままの曲がった唇を
見つめてしまう

目の淵がぼやけて 目の輪郭が揺れている

悲しすぎるときって 不思議と涙が出ないってことありませんか
泣けないほど 苦しいってことありませんか
涙で 感情を押し流すことができれば まだ 幾分楽になる
でも 涙が 出てこない
泣くことすらできない絶望
吐き出すことさえできない悲しみ

彼の目に実際には流れていない涙が 
見えるようで
自分が涙を流していることに気付いた
彼に代わって泣けるなら どれほど救われるだろう

その悲しみをたたえたあの瞳
あの目が見たい
でも 心が苦しくなって 
あまりに切なすぎて直視できない
矛盾に苦しむ8話なのです


誰にも信じてもらえない寂しさ

用意周到に築いてきたはずの人間関係
上手く乗りきっていくために
人気者でい続けるために
誰からもよく思われるために
今まで必死で守ってきたものは こんなに脆く崩れるものだったのか

本気で向かい合わない限り
確かなものは育たない
いくら見た目を綺麗に整えてみたところで




初めてできた友だちが自分を裏切っていることに気付かせたくない
一度開いた野ブタの心を閉じさせたくない
ボロボロになった自分のことより
野ブタを守ろうとする修二

修二と野ブタの写真をあおいに見せられても
「修二と野ブタが一番 自分は二番だ」と言い切れる彰

「信じればどんなことも解決できる
一緒に信じてください」
マジックで3人の絆を見せてくれる野ブタ。

「誰にも信じてもらえなくていい
ただ こいつらにだけには 信じてもらいたい
今もこの先も ずっと・・・」

本気でぶつかりながら 作ってきた関係は 壊れない
何かにつぶされようとするほど
余計に強く繋がる



あおいもそんな関係が 羨ましかったんだろうね

覚えててほしい 
嫌な思い出でもいいから 私のこと覚えててほしい


誰かの特別な人になりたい
誰かに 大切に思われたい
でも それがだめなら 
嫌われたり 憎まれたりというマイナスの印象でもいい
誰からも忘れられた存在でいるよりは

野ブタへの嫌がらせは 
自分の存在を残したいという 曲がった一縷の望み
分かってあげたいけど 悲しすぎるよね

でも 彰が言うように
人は 試すものじゃない
人との関係は育てていくもの
作り上げるもの 
ぶつかったり 傷ついたりしながらも

誰かに近づいてほしかったら 自分から近づかなきゃ
誰かに優しくしてほしかったら 自分から優しくしなきゃ
好きになってほしければ 自分が相手を好きにならなくっちゃ
それで 自分が 傷つくとしても 拒否されたとしても
待ってたり 試したりでは 
あなたの望むものは得られない




ぶつかって 自分を投げ出して得られるもの

「今回だけ (頼みを)聞いてほしい」
「自分の言葉が みんなに届いてないと思うと死ぬほどこわいです

野ブタを学校に来させるため 
カメラで撮ることをみんなに認めてもらおうとする修二の姿

「届いてるよ」
かっこいいとか 悪いとか
どう見えるかとか どう思われるかとか
そんなこと とっぱらった修二の 心からの声
心の声は 心に届く
みんなとの 新しい関係も ここから 始まる




どん底に落ちても人生は終わらない
それでも 生きていかなきゃならない
生きていれば 最悪の日もあれば 最高の日もある



毎日 笑って過ごせたらいいよね
転ばなくて 怪我もかすり傷もなく 
前へまっすぐ進めれば幸せだよね

でも ほんとにそうなのかな
悲しい日があるから 楽しい日が 楽しく感じられる
傷ついたからこそ 人の心の痛みにも敏感になれる

まっすぐ進めなくても つまづいても
一歩ずつ 歩けばいいよね
堕ちても そこに降りてきてくれる友だちがいる
どん底に落ちて初めて 気付くこと 
そんなもの あるよね
ほんとのことも そんな中で見えてくるものかもしれないね








ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング
        野ブタ。をプロデュース  6話 7話




俺は 淋しい人間だ


<淋しがり>なら 誰かを求めて 甘えることができるのだろう
でも <淋しい人間>は そんなこと できない

誰かに自分から近寄ることが 怖いのだから・・・


「今まで 人を好きになったことがない」

それは 傷つくのが怖いから
自分から誰かを好きにならない限り 傷つくことから逃げられる

普段は 冷たそうにしてるのに 
撮ったビデオには 人ばかり写ってる
ほんとは 人が好きなのに
人に気を遣って 自分を抑えたり
我慢したりしている修二
自分より 周りの人を大事にしようする修二

その姿に 野ブタは気付いてくれた
抱きしめてくれた
「誰も 嫌いになったりしないよ」って

それなのに 一言も返せない自分
まだ 自分を見せられない自分
俺は 淋しい人間だ




6話 野ブタのキーホルダーが
売れなくなったときの修二の言葉

「一生懸命やらなきゃよかった
そうすれば 笑っていられたのに」


自分が感情をコントロールしている限り 傷つかない
一生懸命なんて 熱くなるから 傷つくときの打撃が大きくなるんだ

感情を入れ込むほど 傷つくときのリスクも大きくなる
だから 感情を押し込める方がいいんだ

小さいときから 駄々をこねないのは
受け入れてもらえなかったとき
自分がどうしていいか分からないから
コントロール不可能な自分になるのが 怖い

泣き続けてもいいし
地団太踏んでわめいてもいい

そんなあなたも受け入れられるのに
そんな惨めなあなたも許されるのに
どんなに格好悪いあなたも愛されるのに




「誰かに嫌われるって 怖いよね」

感情に蓋をして生きてきたのは 
嫌われるのが怖いから

ほんとうに 一人が 怖かったのは
野ブタじゃなくて 修二だったのにね





まりこに ほんとうのことを話した

恋愛じゃないけど
まりこに対する正直さは やっぱりまりこが大切だから
まりこに嫌われても うらまれても 
やっぱりほんとうのこと伝えなきゃ

ほんとの自分の気持ちを伝える
それは
誰かを好きになれるかもしれない未来への 第一歩






誰かを好きになったら 
毎日 笑って暮らしていけると思ってた
でも きっと 泣かしちゃう日もあるんだろうな 



誰かを好きになるって
そんなに 笑顔の毎日かな?

好きだからこそ 自分の思いを受け入れてほしい
好きだからこそ 自分だけのものにしたい
好きだからこそ 自分の好みを押し付けたい

ほんとは 単に綺麗な想いだけじゃない
我侭
押し流す激情
ひとりよがりな想い

好きにならなければ 良かった
そう思う日だってあるよね




一生懸命に生きる
誰かを好きになる

素晴らしいこと
楽しいことだけど 
傷つくことと 裏表

でも
傷つくことを怖がってちゃ 人生も楽しめない
たとえ 傷ついたとしても 一緒にいてくれる人がいる




亀梨君のファンでいる私
上がったり 下がったりの気持ち
まさに 今
人生を 楽しんでいます (笑)







ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング



野ブタ 第5話 

誰かを好きになる = 喜ぶ顔が見たい

野ブタは シッタカとデートなんてしたくなかっただろうな
自分を人気者にしようと 
自分のために 一生懸命に作戦を練ってくれる修二
その修二に「ありがとう」のお礼が 早く言いたいから
自分が人気者になって喜ぶ修二の笑顔が見たいから

彰も 野ブタにデートしてほしくなかったよね
「辞めろよ」って言いたかっただろうね
でも 真っ向から反対できない
デートを尾行するだけ

まりこは 修二のために
野ブタのデートが上手く行くように 悪役に徹する
今まで ずっと自分とのデートは ドタキャンされてきた
やっと ダブルデートと思ったら
「野ブタの足を引っ張るから」とやんわり断られる

「めちゃくちゃ悪い女 やってあげる」
修二とデートできるなら それでもいい
「温かいお茶じゃないといや」と演技をしながら
満足そうな修二にVサインを送る まり子の笑顔が
けなげ過ぎて 悲しい

「今日は 楽しかったです」
その言葉を まり子から聞く修二の複雑な表情
「心がこもってなかったか・・」
まり子のつぶやき わざとそう付け足すなんて
修二への優しさだよね
気付かない振りしてたことと もうすぐ向き合う日が来ること 
まり子は 知っているの?



「そうだ 心が大切 いいこと言うね」
自分でそう言っておきながら 
心をおざなりにしているのは修二君
あなたです

自分の心を誰にも見せていない
自分の心を見ようとしない
逃げている

「恋愛はいいぞ
 お肌 つるつるになる」って
恋愛を 一番怖がっているのは あなた

あなたの知らないところで
あなたの気持ちは 動き出しているでしょう
あなたが見ようとしなくても
あなたの心は 周りに透けて見えているでしょう

「修二って 小谷さんのお父さんみたい」

野ブタが普通の女の子のように 笑う顔が見たい
「俺の手で お前を人気者にしたい」

その気持ち <好きだから> なんだよ

恋愛感情だと 認めなくていい
そう 確かに恋愛より もっと純粋な想い
でも でもね 
それは <好き>っていう気持ちなんだよ





「誰か一人が ほんとのこと 知ってくれてればいい」
どんな 悪い噂がながれようと修二が知ってくれていればいい
修二に対する愛の告白
世界中が 自分を悪く言っても 
あなただけが 私を知っていてくれればいい
これ以上の強い気持ちってあるかしら
まり子のまっすぐな想いが 心に痛い



ビラになんて書かれようと ほんとのこと 二人が知っていてくれればいい
「人気者に ならなくていい」
自分のこと よく知らないたくさんの人の中で 人気者になるより
たとえ 二人だけだとしても 
自分を分かってくれる人が いてくれればいい 
だから 嘘をついてまで 自分を偽ってまで
人気者にならなくていい

野ブタは 強くなれた
それは 自分にとって大切な人が誰なのか 分かったから



年に何回かしか会えないから結婚したという父
母の乗った飛行機を待ち伏せて 見送る父
自分のかっこいいところも だめなところも知ってくれてる人が
この世に一人 いてくれる
どんな自分でも 受け入れてくれる人の存在
どんな自分も 隠したりせず 素直に出しても許される安堵感

人数が 多ければいいんじゃない
たった一人でも いいんだ




こうやって 休み休みしながらでも ブログを続けていけるのも
私の書いたものを 分かってくれる人がいてくれるから

たったひとりでもいい
私のどんな思いも受け止めてくれる人がいるから
だから 今日も 想いを綴ることができる・・・



それにしても デートの見本を見せる修二と彰
あのシーンは 笑わせてくれる
 
野ブタの肩の手前で 固まる彰の手
どうしても 野ブタに触れられない 彰の純情な想い
野ブタ役の 修二のくねくねとしたしぐさの 乙女なこと
髪を耳に掛け 足を内股にして 「わかんなぁ~い」って
絶妙なコンビの二人です

笑いとペーソスの利いた 後味の深いドラマだな









ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング





<野ブタ。をプロデュース 3・4話> 再放送 見ました


俺は 野ブタの上に 花を降らせるつもりだった
人気者の修二君を投げ捨てても 降らせるつもりだった

それは 多分 あの二人が好きだったから・・・
あの二人といる自分が好きだったから

そんなこと 自分でも信じられないけど
そうなんだから しょうがないじゃんか・・・





変わろうと思って もがいているときは
なぜか変われなくて
気がついたとき 変わっている
そんなものなのだろうか


野ブタを変えようとする修二
自分では 気づかないうちに
変わろうとする野ブタの隣で 
同時に 修二自身が変わっていく

野ブタは 何故 人を変えることができるの?

坂東の心を少しだけ 開かせた野ブタ
人を寄せ付けない修二が 誰かといたいと思うようになり
嫌いだった自分を好きになり始めている



誰かを変えようとすることは
とても 難しいし 不可能に近いかもしれない

じゃ 野ブタは 何故 変わろうとするの?
自分が 変わりたいと望んでいるから 
もちろんそうだけど
自分を見ていてくれる二人がいてくれるから
変わっていく自分を喜んでくれる二人が見たいから

最初は 自分のために変わろうとしていた野ブタ
途中から 二人のために頑張っているように見える
人は 誰かのために 本気でやろうと決心すれば
自分でも気付かないパワーを発揮できる


野ブタが変わる
坂東が変わる
修二と彰も変わる

人は 変わることができる




まり子の存在が 淋しすぎる
美しく 優しく 全校のマドンナ
料理も スポーツもでき ユーモアもある
性格だって あっさりさっぱりしていて 
何もかも整っているのに 厭味も感じさせない

だけど 修二の心の中に入ることはできない

完璧すぎる?
修二にとって彼女は どんな存在?

守ってくれる人
外部から 誰も寄せ付けず
二人の偽りの空間の中に誰も入れない完璧さを保ってくれる
彼女といるかぎり 周りは修二の存在を認めるだろうし
二人に割って入る邪魔なヤツも現れそうもない

自分の作り上げた「人気者の修二君の世界」を守ってくれる強い味方
でも 守られてるだけでは 変わることはできない
ずっと 生暖かいその場所にたたずんでいるだけ


まり子の優しさに 修二がほんとに気付くのは
ずっと 後になってから
楽しかったことも 後になって気付くって
信子も言ってたものね


まり子と惹かれあう人 いつか現れる
こんなに すてきな女の子なんだもの




何故 人は完璧じゃないものをこそ 愛しく思うのだろう
なんとかしてあげたい
守ってあげたい

目の前に見える その弱い部分に自分の弱さを投影している
なんとかしたいのは 見ている相手じゃなくて
自分の弱さなんだけど
守ってほしいのは 自分なんだけど
誰かを救うことで 自分を救おうとしているかのようだ


亀梨君に惹かれる私

彼の歌 演技 彼の容姿
広い芸能界 彼より才能や容姿に恵まれる人は数知れない

けれども 彼に惹かれるのは 何故なんだろう

人を変えられる人
それは 自分が変わる努力を積んでいる人
前へ 進もうとする姿

もがいているような その姿は 
いつもいつも かっこいいわけではないけれど
だから余計に 心を奪われる


彼は 私の存在にさえ気付いていない
でも 今より明日へと 前進しようとする彼を見ていると 
私も・・・と
思いが新たになる


ときに 辛くなることもある
彼の歌 ドラマを
たかが 娯楽と割り切って 見ることができない




お互いを変える出会い
前に「究極の恋愛」というテーマで 書いたことがあるけれど
彼と私たちファンの関係というのも そのひとつと考えていい?

私たちファンのために 変化し続けようとする彼
「離愛」を進化させ続ける彼
曲ごとに新しい髪型に挑戦する彼
衣装に凝る彼
オンエアごとに 新しい何かを届けてくれる彼

冒険と思えることにこそ あえて向かっていく
挑戦すること それが大切なことだから

好みはいろいろで賛否両論あるけれど
「好きだわ!」「今回のは 私はないわ」と言いながら
私たちは それを楽しんでいる
彼も 私たちのそんな反応を知っていて
それが刺激となって 新たに挑戦を続ける
ファンの騒ぐ顔が見たくて

そして そんな彼の姿 
常に変化し続けようとする彼に
私たちは 感化されていく
自分も新たな挑戦に 一歩 踏み出すよう背中を押される


これって  究極の出会い?
変える人と変わる人 変わる人と変える人
お互い 影響を与える関係

亀梨君も 「お互い高めあえる関係がいい」って言ってたよね
「私たちって そうなんだわ」なんて
勝手に そう思ってても 許されるかしら(笑)





ランキングに参加しました
ポチッと押してくだされば嬉しいです
励みになります


ジャニーズブログランキング

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。