プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぁ 終わっちゃった!

最初は心配もしたし
いろいろ思うことはあったけど

私にとって
サプリ ひと恋に続く 
素敵なドラマになった


全員が主役ともいえるけれど
やっぱり 
青と我南人の物語と言ってもいいんじゃないかと思う

玉置さんが 
7回も断ったというエピソード
選り好みをして仕事してるのかしら
なんて思ったこともあったけど
違った・・・

好きな時だけ 歌うというような
自分の想いを何より優先させて生きてきた自分が
みんなに合わせて1つのものを作っていくようなところへ
参加ていいのかという
自分への不安と周りへの気遣いだったのね

才能っていうのは もろ刃の剣
周りを傷つけてしまうことがあるものね


その玉置さんを支えたのは 亀梨君だと思う

玉置さんのストレートな愛をまっすぐ受け止められるのも彼だし
才能を認めた人に対する尊敬のまなざしを 
ストレートに投げかけることができるのも彼

ストレートに気持ちをやりとりするという観点で見るとき
玉置さんと彼って 凄く似てるんだと思う

ドラマが最後に近づいて
ベンチに並んで座って
豆乳を飲んでいる2人
本当の親子ともいえるほど
似ていた・・・

見かけも 中身も・・・


<さよなら ありがとう>
2人で明るく歌うのも 凄く好きだったけど
玉置さんが 静かに歌った<さよなら ありがとう>

藍子 紺 青に向けたLOVEの歌


心に沁みた・・・


そして そのときのギターは
彼に渡された・・・


実際のドラマと
ドラマを作る過程で生まれた出演者のドラマ
どちらも 私たちの見えないところで続いて行くように見える

引き継がれるギターに込めた想い
玉置さんは 彼を
実の息子のように思っていたのではないかしら

ギターに込めたLOVE
今までの曲作り
曲に込めた自分の生き方 
玉置さんから 彼に届けられたんだと思う


ドラマの最終回

青が 東京バンドワゴンを継ぎ
青は 父親になり
紺にも 第2子が生まれる

藍子は ロンドンで個展を開き
紺は本を出版する
サチのお父さんが書いた本が見つかる
そして
まなみさんと コウさんは 夫婦になる


そして 我南人
「お帰り」
ドラマの最後に
みんなに迎えられていたけれども

手術をして 完治したのか
それとも 
サチさんのような形で堀田家に戻ってきたのか
どちらともとれる
でも それも このドラマらしい




LOVEは 単純じゃない
自分の愛を貫けば
誰かを傷つけることもある

愛しているからこそ
許せないこともあるし
突っぱねたくなることもある

だけど やっぱり
愛は お互いを求め合い 許し合い 
お互いの人生に拍手を送り合い
最後には みんなを笑顔にしてくれる


ほんと 温かいドラマでした
私の心の中で ドラマは生き続けます

ありがとう!


追記 
この終わり方だと
もうね 
スペシャルなんて期待しちゃいそうになる

青のパパ振り もっと見たいなぁ




ジャニーズブログランキング
 



スポンサーサイト
喉頭がんだったなんて・・・

歌いたいから 手術しないなんて・・・


我南人らしいといえば らしいけど
家族としたら その決断は 悲しい

だけど
我南人をじゅうぶんすぎるくらい理解してるから
誰も何も言わないんだよね

ただ 黙っていて
涙が流れるだけ

我南人の思いを大切にしたい・・・




今回の9話 我南人
いままでの回と 全く違う<目>をしていた

深く 悲しいほど優しく 
青を見つめる 瞳



自分が 師匠と娘さんを傷つけてしまったと
深く悔み
幸せをつかもうとしないコウさん 

その誤解を解くため奮闘する青
それは 今までの我南人の姿と重なる

「LOVEだね」と周りのために走り回っていた我南人を
否定しているようにさえ見えていた青が
いつの間にか父に似た行動をとるようになっていた


LOVEは 受け継がれるもの
父から子へと 託されるもの



そんな青を見る我南人の 満足そうな瞳


だから クリスマスの日に
自分の病気を告白したんだね

安心して 任せられる息子たちがいる

だから 今・・・ 
自分の歌を自分の声で 家族に届けたい

もしかしたら 
これが 
最後のクリスマスのプレゼントになるかもしれないという想いとともに

今伝えられる想いのすべてを届けたい

どこに居ても どんなときも 
見守っているから・・・





大きな大きな LOVEの物語
最後は きっとみんなの笑顔で終われるはず
悲しい涙は似合わない


東京バンドワゴンの世界は
誰の心の中にも
きっと温かく残るものだから・・・






ジャニーズブログランキング
土曜日 
京都で 紅葉を楽しんできました


SH3E0130.jpg



着付けを一緒に習った仲間4人
結婚して3年目の若奥様(?)から
お孫さんが3人いらっしゃる奥様(?)まで
年齢差の幅は 30歳くらいかしら?

住むところも
家庭の環境も 
今まで過ごしてきた道も
全く違う者が
3ヶ月間 週に一度
習い事で会ってたというだけで
こんなに親しくなれるのか
ほんとに 不思議です

深い話はしないけれど
それが また 心地よくて


取りとめもないことを口々に喋って
冗談を言いながら 
美味しいものをたくさん食べて
お互いの着物や着付けを褒めあって(笑)
お腹が痛くなるほど
笑いました



年に 3、4回は
会う機会を設けて
着物の着付けを忘れないようにしようね
と 約束しています


着付けの仕方や
小物の使い方
帯と着物の合わせ方
いろいろ興味は尽きません


今まで 祇園祭へ行ったり
浴衣を着て 船に乗って 花火を見たり
着物のファッションショーへ行ったりしました


次は どこへ 行こうかなぁ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京バンドワゴン  8話

<愛は 廻るもの>
そして
<すべては 愛で解決できる>




愛が 欲しければ
自分が 誰かに愛をあげなきゃね

そうすれば
世界は愛に満ちて
いずれは 自分のところにやって来る




青とすずみの結婚式

すずみちゃん 可愛い
青くん 素敵!

産んだままで 捨てたも同然と思われた母は
学費を工面したり
毎年の誕生日に送られる写真を大切にしていたり
遠くから 青に愛を注ぎ続けていた



そして それは 巡り巡って 母のもとへ
青からの愛となってとどく

「産んでくれたことだけで 幸せ」
青の口から 直接その言葉を聞くことができた母

青のその言葉は
すずみの青への愛が 言わせたもの

愛は 巡っている




スクープを狙っていた木島は
ロックの雑誌の編集をする仕事に
それは 自分がほんとうにやりたかったこと

そして その木島が
母と息子の記念の写真を撮ることになる


<すべては 愛で解決する>なんて
ドラマのファンタジーの世界のだけに限られたことだよね

そうは 思うけど
もしかしたら
実際の毎日でも 少し考え方を変えるだけで
そうなるのかも?
そんな思いまでが頭をよぎる

自分だけのことを考えるのではなくて
少しだけ 誰かのことを考えてみる
愛を 少しだけ・・・注いでみる


もしかしたら
もしかしたら
それで 何かが 今までと変わってくるのかも

できないと思ってたことが できるようになるのかも
叶わなかったことが 少し 望んでいたもの近づけるのかも

愛は 世界中の人を幸せにできる

そんな風に思えるほど ほっこりした気持ちになれました



我南人の苦しむ姿は心配だけど
温かいこのドラマに
悲しい出来事は似合わない

ほっとできる結末を期待しています



回を追うごとに 青に嵌ってしまう・・・


手を繋ぐ
そんなシーンに こんなに胸がきゅんきゅんするなんて

青 恐るべし


自分の心が浄化されるような気がします

ほんと たくさんの人に観てほしい



私自身
いつまでも バンドワゴンの世界に
浸っていたいです

<アマロス>でなくて<バンロス>になりそうで
ドラマが終わってしまうのが怖いです




ジャニーズブログランキング


ここ何日かの 私の心の迷い


背中を押してあげたい
でも・・・



やりたいことを思いきりやってほしい
人生はチャレンジだもの



頭の中はそう思っているのに・・・
心がざわざわする


自分の度量の狭さに悲しくなる


子どもにとって
親の愛って 
愚かだったり 
重かったりするんだろうなぁ



幸せになってほしい

親ならだれもが願うことだけど
それが 一番 難しいの・・・


心配だけれども 
大きな決断をした子どもの成長に
拍手しているのも私なの


ほんと 自分でも整理できないほど
複雑だわ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<東京バンドワゴン 7話>



結婚を決意した2人

祝福する堀田家の家族たち
式は 青の誕生日の12月3日に

けれども そこからが 簡単にはいかない


すずみのおばさんの反対

理解してもらおうとする青の誠実さ



そして ついに表れた
青の母の存在


すずみのおばさんは 青を認めてくれたけど
青の母の 想いは どうなんだろう?
青の結婚を延ばそうとする理由は何?

親の愛って 複雑なのよ
きっと 何か理由があるんだろうね


今回は<青>が中心の展開
<あすなろ抱き>
やっぱり いいわぁ~

外観はちゃらちゃらしてるようにも見えても
内面は いまどき珍しいほど真面目

なかなか嵌り役に見えてくるから 
<彼>って 凄いわ

 


大地真央さん
やっぱり綺麗・・・

青の母役として ぴったり



来週の展開が楽しみ  





ジャニーズブログランキング





テンポのいい展開
凄く面白かったわぁ

1時間が早かった


やっぱり主要人物が関わる内容の方が
物語に求心力が出る



今回のテーマ
<LOVEって簡単じゃない>


青とすずみの進展
紺の 殺人犯疑惑
LOVEって なかなか簡単にはいかない

古本に込められる LOVE



<古本屋>
良い本に再び光を当てて
より多くの人に読んでもらう本屋

(再び新しい命を吹き込むことだよね)


なるほどね
本に対する 愛(LOVE)に溢れてる


ここへ来て
「LOVEだね」の
決め台詞に 納得!



恋は暴力と同じといったけど
あれは ちょっと違うね

暴力は絶対LOVEじゃないね
たしかにLOVEは凄いパワーあってさ
LOVEのせいでLOVEを壊しちゃうときもある

でも それをLOVEじゃないと言っちゃうと
ほんとにLOVEでなくなっちゃうから
それさえも LOVEだと受け止めて
大きなLOVEで包むハートが
人には必要なんだな


そうそう!
LOVEについて ここまで つっきってこそ
我南人のLOVE論 



みんなから プレゼントされた2人きりの旅行
新婚さんみたいな2人

けど それは 挨拶するだけなんて
甘いものではなくて・・・

古だぬきに試される2人


古い図鑑の値つけ
すずみの確かな目と 
タンカを切る男前ぷりが素敵

それを支えるのは 青

隣に 支えてくれる男がいると
女は強くなれる

やっぱりLOVEだね


とは言え
おねぇ系の意地悪と土下座って
半沢の余波?(笑)ってこともないよね

お芝居と分かって
一件落着



旅館でくつろぐ2人
なかなか「すずみ」って 呼べない 青
可愛い!!!

青くん 頑張れ!

「ぼくは ほんとにすずみが大好きだ」

キャー

「ぼくにも 東京バンドワゴンにも
すずみが必要なんだ」

キャー キャー

そして ついに プロポーズ

「結婚してください」

アぁ~

ここは
土下座しないでよぉ
目を見て言ってよぉ
青の表情が見えないよ~


(青くんには これが精いっぱいだものね うん)

そこで 2倍返しの(笑)
「4代目を継いで 結婚してください」

すずみからの 条件付きの逆プロポーズ

やっぱり LOVEは簡単じゃないね



まだまだ ゴールインできない2人

うふふ
くっつきそうで くっつかない
この悩ましい感じ
大好きよ(笑)


すずみのおばさんの反対
青の生みの母の登場

ますます 楽しみになってきた
東京バンドワゴン!




ジャニーズブログランキング


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。