プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太く 短く生きたいわ



軽々しく 口に出していた言葉だけど
ほんとに そんな潔く 生きられる?
でも
彼の人生は まさにそう言えるのじゃないかしら


マイケル ジャクソン

その名を 知らない人はいないだろう



優れた歌唱力とダンス
謎に包まれた私生活
真相は分からない 数々のスキャンダル




彼の顔を思い浮かべると 悲しくなる
噂の整形によるものか
病気によるものかわからない
表情が読み取りにくい顔面に 静かに浮かぶ笑顔
思い出すと なぜか淋しくなる

世界に誇るプロモーション
誰もが知る彼の ムーン ウォーク
THRILLER   BEAT IT の PV

これを成功と呼ばずになんと言えばいいのだろうか

けれども 彼の人生は満たされていたのだろうかと
余計なことを考えてしまう
彼は幸だせと言えたのだろうかと

多くを得るほど 何か大切なものを失い
大きな舞台で活躍するほど そこで受ける傷は深いのだろうか

声援の数だけ 陰口を囁かれ
拍手の数だけ 嫉みを受ける





ロンドン公演に向けての準備の中での死
その前向きな響きが
彼の死を 悼むにあたって 光を感じさせてくれるのが救いになる



昔から 不老不死の薬や方法が求められ
権力者は それを夢見てきた
永遠に生き続けることは 無理なこと




でも 
心の中に生きることはできる

マイケル ジャクソンよ
永遠であれ!







<ひとこと ・・・ お礼とお詫び>

広島 コンサート お問い合わせ 多数
ありがとうございました
反響が 大きくて びっくり

お役にたてなかった方 ごめんなさい
チケット 手に入りますように

仕事の都合で お返事がすばやくできなかったこと
ずっと待ってってくださっただろうに ごめんなさいね



☆ 続きは <独り言>です






スポンサーサイト

続きを読む »

実家の父と母が 私が育った家を売って
マンションを買おうと計画中なこと
今日 知りました

主治医から車の運転は控えた方がいいとアドバイスされた父が
便利な駅前に引っ越したいと言い出したらしいの


「今日 査定に来てもらうんだけど 同席して」
寝耳に水とは このこと?

「いいんじゃない? 駅の近くって 便利だし
 動けるときに 今までできなかったこと
 やってみるチャンス 貰ったと思えば」
そう 笑って 答えた私

今から 考えると 強がってた



そうか・・・


いつかは こんなことあると 覚悟していたつもりなのに
査定の人が帰って 私も自分の家に帰ったとたん
言いようのない寂しさに襲われた

いつまでも 今が続くと思ってはいけないのね

一番 心を許してる友だちも 
子どもたちの将来や 旦那さまの 仕事を考えて 
来年 関東エリアに引っ越すことを決めた

でも 私は ここにいる


ずっと いつまでも
今が 続くと思ってた


下の娘も 一人暮らしがしたいらしい

私は許されなかったひとり暮らしだけど
娘がやりたいなら 応援してあげたい


どんどん変わっていく 私のまわり
自分は 同じでも
私を取り巻く周りが変わっていく


今日の次は 明日で
明日の次はあさってで
あたりまえのように
このまま続くと 思ってた


でも 明日 どうなるか分からない毎日
今日できることを 楽しみ
今日できたことを 喜び
今日のしあわせをかみ締めたい










 

ジャニーズブログランキング





突き放されたい?
ほうっておかれたい?


どうかな?

私もそうかも・・・
自分で消化したいタイプ?

明日 私も プレゼン あるんだよね
内部だけでなんだけど 結構 大変なの
去年1年の結果が 問われる?

私 小心者なのよね
もう どきどきで 明日の朝は 食事がのどを通らないだろうな

コンサートの後
結果を自分で判断して
自分で消化したい亀梨君


分かる気がする
そうね

やっぱり 自分が一番分かるよね
よかったか
よくなかったか

誰かが 慰めてくれたとしてもね

最後は 自分で判断して 自分で<次>を決める


私は 結構 辛口意見が好きかも
Mなのかしら? (笑)

自分でも 気がつかなかった
「なるほど」って思う意見を言ってくれたりしたら
もう 惚れてしまいそう(笑)



褒め言葉 7割 改善点 3割
それくらいが 心地いいかな?
この割合 難しいの


明日 
惚れそうな辛口意見 言ってくれる人
いるかしら? (笑)

楽しみで 怖いわ(笑)

明日の夜
きっと 勇也の 励ましが必要ね

「もっと 自信持てよ
迷ったら いつでも 俺が言ってやるよ
姉さん いい仕事してるって」



自分で飲み込んで 見直して 考えて 
いろんな反省点を抱えて 落ち込んだ後は
やっぱり 包んで欲しい
甘やかしてほしい (笑)

<私を見守る人>が そこにいてほしいの



勇也が 骨を拾ってくれると思うと
心置きなく ぶつかれるわ(笑)



あらあら
ネットワークの問題で トラブってるうち
もう 今日になっちゃったわ 

少し寝て 頑張ってきます


多分 結果の報告はしないと思う
小心者なのに
負けず嫌いなの (笑)





ジャニーズブログランキング


屈服させられるって 
ある意味 快感!(笑)



肩書きや 能書きって 大嫌い!
いろいろ くどくど説明されるのもいや!
不合理なパワーで 
無理に動かそうとされるのもいや!

こんな私だけど
結果を見せられて 納得するとき
「あっぱれ! 参りました!」って
素直な気持ちで言える


何のことって?

もちろん
KAT-TUN コンサートのことです

東京ONLY 7DAYS と 発表があったとき
正直 ちょっと テンション下がったの

「見たいなら こっちまで来い」
いきなり そう言われたような気がした
突き放されたような・・・

去年のコンサート 
どの地方も同じような<濃さ>だとは思えなかった私は
(すべて行けるわけないし 読ませていただいたレポでそう思っただけだけど・・・)
「そうね 東京がホームなんでしょう」
ちょっと 拗ねたような気持ちさえ 持ってしまったの
そう言いながらも 申し込んでしまう自分も呆れるけどね


そして その後の追加・大阪公演の発表

「今さら?」
最初は 「絶対行かない」って思ってた
笑えるでしょ?
そうなの
頭が堅いの
堅すぎるくらい堅いの
自分の中で筋が通ってないとだめなの


でも 説得されて申し込んだ・・・
完全に飲み込めたわけではなかったけれど


東京行きの当日も 
お友だちやひとり暮らしの娘に会えるのは嬉しかったけど
なんだかなぁ~と
コンサートに対しては テンション上がりきらないまま・・・



でも・・・
会場に着くと 気持ちが高揚して来た
そうなの
<空気>に感染しちゃうタイプなの(笑) 

そして
やられた・・・


そう感じさせられるコンサートだった

♪ 一日一日 色を変えるぅ~♪ (笑) 

毎回違うメンバーのプロディースもさることながら
一日一日を 盛り上げていこうという<空気>がみなぎっていた
今日 ここで会えたこと
一期一会
今日のコンサートは もう2度とはない
1回1回の出会いを大切にしていこう
今日を楽しもうと言う気持ちが伝わってきた


そして それを支える KAT-TUNの曲の多様さ
メンバーのプロデュースする曲
デビューまでに蓄えてきた力が こんな形で表れるんだね

こんなたくさんの曲があって
どれもこれもに みんなの思いが込められていたことに
改めて気づかされた

KAT-TUNの<厚み>を感じたの




そして <行きたくないとごねてた>大阪

楽しくて楽しくて
ほんとに 来てよかったと思ったの


そして 再び TOKYO
今日もきっと ますます盛り上がっただろうな

チケットが取れなかったときの保険のために複数申し込んでるだけで
同じコンサートなんて 一度見れば十分
今までは 正直 そう思っていたかも

でも
大きなドームでは 見る場所によって見えるものが大きく違う
幾通りにも楽しみ方がある

コンサートは<空気>と、<時間>をみんなで共有するもの
<空気>は メンバーとみんなで作り上げるもの
<時間の濃さ>は そこにいるひとりひとりの気持ちで決まる

毎回<進化>し続けたコンサート
どのコンサートも 一度しかない <一期一会>

今までの自分の思いを変えるコンサートだった

もちろん コンサート1回は完結したものになっていないといけないし
1回見ただけで 
満足できる出来に仕上げなくてはいけないというのが前提だけど・・・
(何度も脚を運べるっていうのも 贅沢なこと
 誰にでも許されることじゃないよね
 みんな いろんな障害乗り越えて無理に無理を重ねてるんだもんね)


友だちを含めて 人との出会いは 
お互いの価値観を揺さぶることだと考えているの
そういう出会いを大切にしたいと思ってる

そんな意味で 
今回のコンサートは 私にとってそんな機会になったと思えるの


ドームは 明日で終わり
そして 新たに始まるアリーナコンサート
どうしても行きたくなる気持ち
確かめたくなる気持ち
困ったな(笑)



最初は <大人たちの商業的な思惑・やり方>に憤慨してた私を
力ずくで納得させてしまった彼ら
爽快だわ!


でも ますます熱をおびて
どんどん変わっていく自分には 手を焼きそう
困ったな(笑)





ジャニーズブログランキング


高速で1時間ほど走ったところにある温泉に行って来ました

最近 温泉に嵌っている夫
お湯に含まれる成分や効能にこだわっているらしい

「俺 温泉行くけど どうする?」
先週 家を空けていた私に対する一種の抗議?
「一緒に 行こうよ」と言わない夫

「行くよ」
知らん顔して 答えるのも
長年培ってきた呼吸というものかしら(笑)

と言いながら
ゆったり湯船に浸かって考えることは
夕べのドラマのこと
頭の中は 誰かさんのことでいっぱい(笑)


MR. BRAIN

1話から3話まで見て
さすがによく作られたドラマだと思った

分かり易い展開
近所の小学生も見ているらしい
「先週は 指を食べたんやで」
と 物語の大きな流れよりも
覚えているのはショッキングなシーン
「犯人は 女の人やってん」
一応 犯人はわかっている模様

8時台という時間帯
子どもも 十分ついて来られる捉えやすいストーリィと
物語の最後に 大人を納得させる謎解き
<脳の不思議>という科学的な解明
幅広い年齢の人が 楽しめるように作られている

このドラマの一番素晴らしいと思うところは
九十九の人物設定
彼が犯人を見つけ出すのは
出世のためでも 功名心のためでもない
自分の能力を示すためでもなく
犯人を暴く爽快感からでもない

ただ <脳>について知りたいという気持ち
<自分の脳>について知りたいという理由から

事故で脳のある部分の機能を失って
他の部分がそれを補い 知能が恐ろしいほど高くなった
好きだったらしい<アグネス ラム>にも
今の自分は ちっとも興味がわかない
そんな状態であっても 
今の自分は 元の自分と同じと言えるのかどうか
<脳>についてもっと知りたい
そんな純粋な思いが 彼を犯人追求へと結びつけている

ほんとうの自分かどうか悩む 元ホストの脳科学者
そのありえないともいえる設定が
九十九の鮮やかな一人舞台という
1つ間違えば厭味になりそうなこのドラマを
人間味のある 感慨深いものにしている




さて 亀梨君登場の待ちに待った第3話

ドラマの感想を書くのが正直 しんどい
だって 自分が公平な目で見られているかどうか
不安になるの

彼のファンという視点から 甘口で見ているのか
ファンだからこそ 要求が高くなり
辛口で見てしまっているのか 
分からなくなる

そして
どっちにしろ やっぱり 自分の感想に自信がない

でも ここは 見たこと・感じたことを正直に残しておく場所
だから 思ったままを 書いておきたい




続きを読む »

ドラマ好きな私の №1ドラマは
<ロング バケーション>でした


長い休暇を終えて 新たな出発をするミナミと瀬名の2人
互いを変える究極の出会い
「この人に会えたから 今の私がある」
自信を持って そう言い合えるだろう二人が 素敵で


長い間 不動の1位を保ってきたのです
これ以上の ドラマにはもう出会えない
そう思っていました



でも しかし それを超えたのが
このブログの題名にもなっている <サプリ>です


物語の内容的には ロンバケの方が少し勝ってるかも(笑)

でも でも でも でも
現在の1位は 断然 サプリ!

つい2,3日前も 仕事のごたごたでストレスまみれだった私は
<5話の勇也>に 癒してもらったばかりです(笑)




そんな<勇也>と<瀬名君>の共演が見られるときが来るなんて
想像もできませんでした
神様って 
なんて 素敵なサプライズをくださるのでしょう

今日は
朝から どきどきして 落ち着きません

とにかく しっかり録画して望みたいです
多分 1回目は 
ドラマの流れなんて分からなくなってしまいそうだもの


神様のプレゼント
おもいっきり 楽しみたいです





眠れない夜はKAZUYAを  1/30


自分を変える出会い


赤ずきんを見守る 男以下の存在?




ジャニーズブログランキング


筆不精ならぬ メール不精



携帯のメールを打つにも
眼鏡が必要だし
送られてきたメールを見て 
驚いたりうなずいたりして 返事が書きたくなるのに
眼鏡を探しているうちに
すぐまた瞑想の世界に入っていってしまって
返事を返すタイミングを逃すの 私・・・

携帯で メールを打つの凄く時間がかかる
「ま み む め も」
なんて 口に出しながら 打ってるから(笑)
そういえば 学生のときも 国語辞典や英和辞典引くの
おそかったなぁ
50音順とか アルファベット順って なんか苦手だわ
何の次が何か すぐには言えない
ABCの歌が歌いたくなる(笑)



夫とのメールは最悪

たまの返信は
「わかた」
「っ」を打つのも 面倒な夫

「OK」
毎回 これのみで 絵文字もなしの 私の返事

私が 夫へのメールを打つのを覗いていた娘が
「なに? これ もう最悪な危機を迎えている夫婦みたい
絵文字ぐらい打とうよ。」って

でも
最小限の言葉で通じ合えるんだからいいじゃないね





リアル友とも 最近 ぜんぜん会えてないし
用事のあるときしかメールもしない

でも いつも連絡をとってなくても
会えば すぐ本題に入って熱く語れる
相手の考えてることが分かる
同じ意見じゃなくってもね
彼女ならそう考えるだろうって 理解できる
友だちって そんなもの・・・




いつもは細かく連絡しなくても
いて欲しいとき そこにいてくれる人
家族 友だち

傍でなくても 離れていても 
いてくれるということだけで
安心できる・・・




さて 京セラ コンサート
MC 最高でした

「神様 お許しください」
ここで またまた 懺悔です

今まで コンサートのMCって あまり好きじゃなかったの
MCの代わりに 何曲か歌ってほしいなくらいに思ってた

でも 今回 MCって楽しいなって思えた

だって とても 温かかったの
みんな 楽しそうだった

誰かが投げた言葉を誰かが拾って
繋いで また 投げて
内容は どうってことでもないんだけど
なんか 楽しそう

誰かが 脱線し過ぎそうになると
誰かが 戻して また 脱線して




一番面白かったのが <ごくせん・LA ネタ>の絡み

仁君いわく
LAには 矢吹隼人が行ったんだって

「ちょ 待てよ」って
小田切竜が止めたんだって
(まさかの 大胆 仁君のキムタク真似 笑)

それを聞いた亀梨君
「それを 早く言ってくれてたら あんな大騒ぎにならなかったのに」
って

「なんで あんな騒ぎになったんだろうな」
って ちっちゃい声で ポツリとつぶやく仁君が 可愛くて

「その話 胸が痛むんでやめてもらえませんか」
聖のさらっした でも本音を含んだ一言

「ふらっと 行っただけなんだけどな」
という仁君に
「普通 あれだけ活動してる人がふらっと行かないだろ」
亀梨君のもっともな一言 

亀梨君が こんな風に
本音に近いと思われるようなことを言ったところ
初めて見た気がした

口に出せるようになったことは
心の整理ができたこと

留学したときの仁君の思い
あのときは
メンバーの誰にも100パーセントは理解できなかっただろうけど
(本人でさえ 上手く説明できなかったかも)
今 同じようなことが 誰かに起こったら
きっと 分かり合える気がする
そして そこまで気持ちが固まる前に 
少しでも気持ちを分け合うことが
できるんじゃないかしら


草なぎ君の復帰会見で
「自分はひとりじゃないってことがわかった」って言ってた
KAT-TUNも 同じ
今回のMCを見ていて そう思えた

いつもいつも 一緒に行動したり
メールしたりしなくても
いてほしいとき そこにいてくれる人
聞いてほしいとき 話を聞いてくれる人がいるって
幸せ


今回の両方のドーム コンサート
1年くらい会っていなかったお友だちとも
会ってすぐ また 打ち解けられた
話す時間が短かった人とでも 
ほとんど 話せなかった人とでも
「また ここで会えたね」って 
気持ちを分け合えた気がする



でも それに安心しないで
ちゃんと ときどき連絡もしなくちゃね(笑)

この機会に メール不精な私に
お詫びを言わせてくださいね(笑)




ジャニーズブログランキング




傾く頤
曲げられた首

般若の面の下に隠された 
表情が透けて見えた気がした




翳された扇の陰は
彼の横顔の陰影を濃くする

回される傘
それが傾けられるその角度
傘から見える着物姿の分量

彼の小道具の使い方は絶妙だ
まるで お面、扇や傘を自分の身体の一部のように
自由自在に使いこなす




天空から地上に降りた彼が舞い始める
肩の傾け方
曲げる膝の深さ
振り返る身体は 美しい曲線を作り出す

舞台をくるりくるりと舞う姿
まわりの空気は 薄紫に変えられる





まるっきり女だと思っていた表情が 
今日は<男>をも 感じさせるのはなぜ
女 男を 乗り越えた美しさと妖艶さ

愛する男に取り憑いた女の怨念
それは 愛情が執着へと変わった 凄みのある美しさ

誰にも渡したくない
自分だけのものにしたい思い

置いて逝きたくない
自分ひとりで 去って行かなければならない孤独


半開きのクチビルからこぼれるため息は
甘いけれど 惑わし 命をもしとめる毒をもっている


優しく緩んだ瞳は
一瞬で妖しく光りを増し
妖しさを超え 鋭さ 痛みへと変わる

いとおしさと 憎しみが裏表になったかのような
苦悩に満ちた表情

自分の愛の深さに自ら溺れているかのような
自己愛への甘美な陶酔





スクリーンに映し出される彼の表情に
見入られ 目を離すことができない






男に変わる瞬間
彼にまとわりついていた女の影を
振り払うかのように 太刀を払う


だけど ほんとは
彼も彼女を愛していたのだ
しかし 彼女を振り払うことしかできない
この世では





しぶきを払い 彼女の<怨愛>を振り切る


水の上で 白い半身をさらして
空に浮かぶ彼の苦しそうな横顔は
この世では愛し切れなかった女への償い






全身を使ったダンスを求めていた私だったけれど
今日の私は
彼の手の動き
ひねられた腰の角度
そこから 静かな表情を読み取ることができる





携えた巻物が翻るそのさまは
彼女を優しく葬るための儀式
美しく あでやかに 宙を舞いながら
彼女の魂を慰める

激しいしぶきに 彼の瞳は隠されてしまったけれど
心を澄ますと 彼の息遣いが聞こえる
ほんとうは 聞こえるはずのない距離だけど
確かにそれは 私の耳に届いた気がした




舞い散る雫は 彼女に捧げる涙

彼の魂から 離れていく彼女の魂を
見送りながら 彼も涙を流している




彼の上着は 一瞬 彼女の血で 紅く染まったように見えた
まるで 最期を迎えた桜の花びらが
彼の身体を包んで散って 逝ったかのように







またなの?
今度もそうなの?

最初は 大きく戸惑い
受け入れにくい 彼の<挑戦>

なのに いつのまにか 
認めさせられ
納得させられてしまう


こうだったのかと
受け入れてしまう




亀梨和也は こんなヤツだ





京セラの1582は
東京ドームとは 
違った印象を受けた


それは 受け取る私が 変わったからなのか
演じる彼の気迫が 増したせいなのか
その相互作用なのか 分からない



最初に感じた戸惑いも 
私の正直な思い
そのときどきの思いを どれも大切にしていきたい

変わっていく自分の受け止め方を楽しみたい





あぁ こんなことを言いながら

振り回された後 
最後の最後には 
私をうなずかせてしまう彼から
これからも きっと 私は 目を離すことができないのでしょうね

もしかしたら
振り回されることを 楽しんでいるのかしらね







ジャニーズブログランキング






お祭りの次の日
昨日の広場


風に飛ばされる カキ氷の発泡スチロールの白い容器
砂に半分埋まった綿菓子の棒


氷の冷たさに一瞬顔をしかめ
その後 その甘さに浸る子どもの顔が浮かぶ


人々の笑い声
ざわめきはどこ


昨日 堤燈が吊るされていた木は
何もなかったかのようにただそこに立っている


踊りの太鼓の音がまだ 私の耳には聞こえているのに
誰もいない今日の広場は
昨日のことなど もうすでに過去に封じ込めたかのように
静かにそこにある






楽しかった 次の日は 淋しさが沁みる


でも その淋しさは 少し生暖かく
抱きしめたい気分になる
楽しかった分だけ 寂しさも募る


この淋しさが心地いい
もう少しだけ このままで佇んでいたい
明日には 立ち上がって歩き出すから






お祭りが終ったあとの 
満ち足りた少し淋しい幸せ
もう少しだけ ここにいてもいいですか?







ジャニーズブログランキング





 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。