プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

サプリ5話  


<赤ずきんを見守る 男以下の存在?>


やっぱり オープニングの直前のシーンが好き

ふぅーっと ため息をつく 勇也とミナミ

「つか 襲っちゃうよ」の翌日
ゴミ捨て場で 目覚めた勇也の手には
渡辺さんのピンクのカーデガンが
夕べの自分の行動の記憶がない勇也


「最近 女性の影が・・・
 あなただったのね 藤井さん」
荻原の電話に出た 田中さんの声
忘れられない人が 
女の完成形として尊敬していた田中さんだった
驚きと戸惑いの中にいるミナミ

非常事態レベルの高さを競い合う二人の意味のない争い

「修羅場」というミナミの言葉に
「田中さん?」と
思わず口走る勇也
「何も見てません」と
見てはいけないものを見たことを 匂わせてしまう勇也

そこに 当の田中さんが現れて 
にらみ合い 火花を散らすミナミと田中

そんな二人の間で
「怖いんですけど・・・」と怯える勇也の顔


「言いなさい」とミナミに詰め寄られたときの
勇也の口をつぐむ表情が もう 可愛くて 可愛くて

こういう勇也の表情に癒される




「この間は 朝までで疲れたね
今度は 週末ゆっくりしようか
ミナミの前で 意味深なことを言って
刺激するような渡辺さんに
「あの 記憶が・・・」
と 弱気な勇也
なんか 可愛いわ


団子3兄弟を カラオケで歌って踊ってただけと知って
安心する勇也
(あのぅ そのチェックに花柄のシャツ どうなのかなぁ~)


渡辺さんに そそのかされて
男以下か 脈があるかの判定の勝負に出る勇也

「俺 やんちゃしちゃったのかなぁ~」と
渡辺との一夜を仄めかしてミナミに心配させようとする

ミナミは 田中さんと話す荻原に気を取られ
勇也の話は耳に入らない
男以下に決定した勇也

このときの田中さんと話す荻原を見る目が
男っぽくていいわ



赤ずきんちゃんを素材にした カーナビのCM
アニメの巨匠にOKをもらうべく
ミナミと田中の荷物運搬係として連れていかれる勇也

「なんで 俺 ついてきてるんですか」
「荷物運搬係として」
「えつ こんなに軽いのに 嘘つき」
「だって 気まずいでしょ」

ここの会話も前回の 
<レースの下着>のシーンと同じようなリズムで
テンポよく コミカルで 楽しい

事務所に 入る際 ミナミに引っ張られて
くるくる回る勇也 
さすが ジャニーズの方が演じてるだけあって
軽やかなターンだわ(笑)



契約を継続したタレントを使いたいというクライアントの申し出に
柳瀬しんとの契約は白紙に戻される

田中と今岡に クライアントの意向が一番大切
考えが狭すぎるといわれるミナミ

それでも 柳瀬の事務所に出向き
謝罪の意を伝えるだけの筋を通そうとするミナミのまっすぐさ

でも 心の中は揺れている
その想いを受け止めて欲しい相手は 荻原
しかし 電話は 田中に切られ 繋がらない
図書館で調べものをして 時間をすごし
気持ちを紛らせる


渡辺と夕食に出かけるところを ミナミと出くわす勇也
ほんとは ミナミに声をかけたい
ミナミに寄り添ってあげたい

自分は ミナミにとって男以下の存在でしかない
ミナミの傍にいても何の役にも立てない
ミナミに心を残しながら どうすることもできず
「お疲れさまです」の言葉しかかけられず渡辺と出かける勇也
ほんとうは 寄り添って支えてあげたいのに


渡辺さんのオススメの焼き肉屋に向かいながらも
勇也の 心は ミナミから離れることはできない

男以下でも
ミナミがもとめているのは自分ではなくても
それでも ミナミの傍にいてあげたい


黙って見つめる目が勇也の想いを伝える
言葉にしなくても 伝わる勇也の決心
いつ言い出されるか ほんとは 気が気でなかったよね
ひとりしゃべり続けている渡辺さんの心の中も切ない



図書館に駆けつける勇也
ミナミに 心配で駆けつけたこと
気付かせないように装う勇也の優しさ

「あれ もう 閉館? 本 借りに来たんだけど」
「たまたま 来たんだけど 」

汗で濡れて乱れた髪
ミナミが心配で全力で走ってきた 
乱れた息
かすれた声が甘い



ミナミを想うまっすぐな気持ちが込められた瞳
包み込むような優しさで溢れている
それなのに なんだか 少しぞくっとする色気を感じるの
これこそ 亀梨和也の瞳


透明感と 色気
本来なら 同時に存在するはずのない
相反するものを併せ持つ

束縛や 独占欲とは かけはなれた純粋な想い
俺が勝手に思ってるだけだから
見返りを求めない潔さ
だけど そのまっすぐさの中に
痺れさせて溶かすような 妖艶さを隠し持つ
そんな 一瞬の表情 


この表情が 好き




「もしかして 来てくれたの?」
勇也の気遣いに気付くミナミ


「赤ずきんは ひとりで森を歩いてたから
狼に食べられたって
だから 誰か見てた方がいいと思って
たとえ 男以下でも 見てた方がいいと思って」


「藤井さん 正しいよ
柳瀬さんにちゃんと謝る藤井さん 偉いよ」

「もっと 自信持てよ
迷ったら いつでも 俺が言ってやるよ
姉さん いい仕事してるって」

「姉さんいい女だよって」


「なっ 赤ずきん」


この勇也の言葉以上の 告白ってあるかしら?

男以下と分かっていても 俺は ミナミを守っていく
勇也の静かなゆるぎない決心
押し付けるのではない 控えめで緩やかだけど 強い想いが
心を温かくしていく


他の誰もが理解してくれなくてもいい
一番大切な人がひとり 自分のことをわかってくれていたら

世界中が自分を誤解していても
たった一人の人が 分かってるよって 抱きしめてくれたら
どんなことにも頑張れる
辛い今日でも 明日 笑って 立ち上がれる

勇也の言葉は そんな勇気をくれる言葉
傷ついた心を癒してくれる言葉







「なぜか 心に沁みていた・・・」


まだ 自分のほんとの気持ちに気付いていないミナミ
心の奥の深いところでは もう 勇也の言葉に動き出してる
本当に ミナミを理解してるのは 誰なのか
ミナミを見守ってくれるのは 誰なのか
もう 知ってるし 分かってる


年齢 立場 表面的な考え方の違い
頭の判断はそんなことに まだ拘っているけれども
心は 素直に感じている
心の奥は もっともっと深いところにあるものに
直感で 反応し始めている


「馬鹿じゃないの」
心の声に 素直になれない ミナミのささやかな抵抗

「ありがとう」
ほんとうはそう言いたいのに
素直になってしまいたいのに






<ちょっと ひとことのコーナー>
 こんなのあったけ? 笑



図書館に駆けつけた勇也の表情はすごくいいのに
ミナミと歩き出したとたん
いつもの勇也に戻ってしまうのが惜しい
もっと あの雰囲気 引き伸ばしてほしかったな

男以下の存在を強調したかったんだろうけど
それでは 面白くない
口では 男以下と言いながら 
男以下では 収まりきれない想い
もう少し覗かせてもよかったと思う
それが できる亀梨君だから惜しいと思ってしまう
そういう2面性追及させたら上手いんだけどな



「姉さん」って言葉 
あんまり いい響きじゃない
勇也の台詞に入り込んでいく心にストップをかけるような響き
「藤井さん」でよかったのに

素敵な台詞が活かしきれなくて
ちょっと勿体なかったな






「このコ ちょっと 可愛いかも
 あれっ ごくせんでは 嫌いなタイプだったよね」

ごくせん 野ブタを一緒に見てた娘が
「亀梨君 カッコイイ」って騒いでるのに
「ええっ どこがいいかな?」
「かっこつけたチャラ男って感じ これ(亀梨君)は 辞めた方がいいよ」
って 散々言ってたの誰だっけ?


この5話から まっさかさまに 勇也の虜になっていった私でした(笑)



関連記事  眠れない夜はKAZUYAを  1/30

        KAZUYAは渡せない    2/13


  






ジャニーズブログランキング





スポンサーサイト

コメント

このセリフだったんだね

彩花さんはこのセリフで嵌っていったのね。すごい出会いだ。運命ってあるよね。勇也の亀梨君に会うのは必然だったんだね。

チャラ男がだんだんに変化してきたよね。この辺から勇也が自分の気持ちを自覚して表情を出してきてる。ごくせん・修二の亀では見せなかった表情がでてきてる。クールだけじゃない。大人へなりかけの表情。竜・修二より色気?出てる。甘い感じ・儚さとか。かっこいいとかでなくキュートな感じ。恋愛ものだしね。

私はまだここでは堕ちていませんでした。やはり見る側の心境に、嵌まりどころは関係ありますよね。でもこの辺からちょっと気になりだしてる。







彩花さん、こんばんは。
過去記事 読ませていただきました。
そうでしたか…その思いが、サプリの原点にあるのですね。
ほぼ同年代の私ですが、体の変化はありながらも、幸いなことに、眠れぬ夜は未経験で…
この、3年ばかり カメ カメ言ってた おかげでしょうか(苦笑)
5話の最後のシーン いいですよね。
当時は、忙しかった亀ちゃんに 比例してるかのごとく、
露出の多さに、ついて行くのに ヒーヒー言いながら、こなしていく日々
サプリも、流れるようにみていて…
でも、印象に残ってるセリフ、いっぱいある ドラマでした。
この、静かな時にこそ、振り返って 
次に来る 亀ちゃんを待ちたいですね。

おけいこさんへ

こんばんは
運命って あると信じています
サプリを見たことも
亀梨君に出会ったことも
おけいこさんが こうしてここへ来て下さってることも
すべて 必然だったと思っています
でも 運命って不思議

5話から 表情変わってきてるよね
うんと 深いもの感じさせられる
ときどき見せるまっすぐな瞳
魅入られそうになるの

おけいこさんは どんな台詞や場面で嵌ったのか
また 教えてくださいね

マロさんへ

こんばんは

過去記事も読んでくださったのね
サプリは 私にとって 救いとも言える存在でした(笑)
苦しみから抜け出させてくれたの
サプリがあると思うだけで随分楽になれたのよ

5話の最後のシーンは もう何回見たかしら?

サプリも大切にしながら
次の作品も楽しみに待ちたいですね

こんばんは!

彩花さん、彩花さんの感じること、共通項多すぎます。
今まで、ずっと読ませてもらってますが、ホント、「そうなの、そうなの!」ってことが多くって…

私も、この第5話、大好きです。
切なすぎて切なすぎて…
最近の再放送、見てなかったんだけど(ちょうど下の子のお迎えと重なっちゃって)、始まる前にDVDで一気に見たところだったんですよ。

まさに、亀の透明感と色気の共存?にぞくぞくと身震いしました。
で、今、彩花さんの書いたものを読んで、一人涙がこぼれました。
なんでだろ?琴線に触れるというか…そんな感じなのかもしれません。


「もっと 自信持てよ
迷ったら いつでも 俺が言ってやるよ
姉さん いい仕事してるって」

「姉さんいい女だよって」


私は、この「姉さん」って言い方は、勇也なりの鍵なんだと思ってました。
思わずあふれちゃう想い。
それを出さないように心にかけた鍵。
それが「姉さん」
そう思いました。

だからこそ、切なくて切なくて…

私、サプリって当時見ていたであろう、亀のファンである若い子には、理解しにくいんじゃないかと思います。
勇也のわがままや純粋さ、真っ直ぐさって、ある程度いろんな経験をしてきた人じゃないと、受け入れられないのではないかと…
だから、ミナミに代表される「素直じゃない女性」は、共感できるのでは?(少なくとも、私は可愛くない、素直じゃない女性です)

そんなことを感じながら、このドラマを見てます。

こんにちは~ えへへっ♥ ♥

オープニング前 よかったですよね~!
2度も口を滑らす勇也 可愛いったらないよね
荷物運搬係の会話も ほんとテンポが良くて
この二つのコミカルシーンは 素直にこの二人楽しいって思ったの
ミナミが 巨匠のアニメを知らない勇也の事を持ち出して、逆手にとって柳瀬さんにアピールするでしょう
ここも結構好き
荷物運搬係 予想以上に役に立ってるぞ!

ミナミに「お疲れ様です」のシーンいいよね
勇也の葛藤が凄くよく表情に出てた
焼き肉屋さんへ向かい 足を止めるところや、図書館に駆けつけるところ とても好き
亀梨君の 特にサプリの亀梨君の無言の表情は こころの声が聞こえてくるようだよね
漠然とした声が 彩花さんによって姿を著わした!

図書館を後にして ミナミを気遣う勇也としては、へらへらせずにはいられないんだろうけど
そう 私ももう少し艶っぽい勇也を見ていたかったんです
惜しい
《透明感と色気》
《痺れさせて溶かすような 妖艶さ》
「亀梨って 竜のときが一番よかった」と言う娘
あんたごときに 亀梨和也の魅力がわかってたまるもんですか!!

《亀梨君は恋人でもなく 息子でもなく サプリ!》
そう!そう!そうなんです!
3年前の私より 確実に楽しく、気持ちは若い♪
でも視野が…って 耳が非常に痛いですね~(ToT)
私も 殆どの役をまずは亀梨君に代えてみるし、もう2年以上もKAT-TUNしか聞かないし歌わない
ふと気づくと ヒドイ事になっているのかも…
でも今は他の曲を無理矢理聴いても 癒しにならないんです
自分の中で 亀梨熱が収まるのを待っているんだけど、一向に収まらなくて…彩花さん どうしましょ
とりあえず彩花さんみたいに、新しい料理に挑戦しようかな

彩花さんの名前は、<見えない約束>の方が先だったんですね!
ホント彩花さんのイメージぴったりでしたよ~

りえぴょんさんへ

こんばんは
共通点 感じてくださるんですね
嬉しいなぁ
5話 いいですよね
もう何回見たか分かりません(笑)

<姉さん>という言葉は 勇也が自分の心にかけた鍵
りえぴょんさんのこの表現
好きだわぁ~
分かる! 
そうだよね
溢れる想いを止めるにはこう言うしかないよね
切ないなぁ

ただ ミナミを通して自分がこの勇也の言葉を受け取るときも
この鍵がかかっちゃうのよね
<いい仕事してるよ>
<いい女だよ>
勇也にそう言って欲しいのは ドラマを見てる私自身
その言葉をまっすぐストレートに受け取りたい私は
<姉さん>って言葉にひっかかってってしまったんだと思う
ドラマを見ながら 自分に置き換えてるんでしょうね(笑)
<姉さん>って 
<私>が勇也に呼んで欲しくなかったんだと思う(笑)

勇也の可愛さ 純粋さは ある程度の年齢を重ねてないと
理解しにくいのかもしれませんね
まっすぐではない人生を過ごしてきて 
ストレートにはなかなか気持ちを表せない
可愛くない女(笑)には 勇也のまっすぐさが
<自分にはないもの>として好ましく思えるのかもしれませんね

rannrannさんへ

こんばんは

>「亀梨って 竜のときが一番よかった」と言う娘
>あんたごときに 亀梨和也の魅力がわかってたまるもんですか!!

うふふふ
rannrannさん すごい迫力ですね
でも そうですよね
あの勇也の可愛さが分かってこそ
亀梨君の2面性
理解できるってことですよねぇ~
彼のファン層が比較的高いって言われるのは
そういうところも関係していそうですね

<彼 柳瀬さんの作品 見たことないそうです>
<あの 僕の家 貧乏で アートとか・・・>
って しどろもどろになる勇也
私もおかしくって 可愛くって
ここも 大好きな場面です
亀梨君の慌てた演技
可愛いですよね

<亀梨熱が収まるのを待つ>
そうなの
私もそんな感じ
理性では もうそろそろいいんじゃない~って
言ってるんだけど
なかなかそうはいかなくって(笑)
音楽も そう
もうどれだけ聴いても飽きないの
いったいどうしちゃったんでしょうね
癒されるのよね
特に 仕事に行く前 テンションあげるには
KAT-TUNの曲
もう どこまで行くのか 自分で見極められるところまで
行くしかないわね(笑)



 

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |