プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勘はいらない
思い込みもいらない
難しい知識も 教養もいらない
身体全身で 感じればいい

さすれば バッカスは 必ず答えてくれる

存在を否定するには
まずは 向き合うことから始めねばなるまい



20歳の誕生日にワインだけは飲まないと決めた雫
その雫が ワインを口にする瞬間

神の雫 1話> 
いや <神の雫全体>に関わるキーポイントとなるシーン

20歳の誓いを捨ててまで 
今 ワインを飲む理由はどこにあるのか


親子の関係が壊れてしまったレストラン 
<ファミーユ>の窮地を救うため?
この親子の亀裂は 雫と父との関係と共通した部分があり
確かに この親子を放ってはおけない気持ちもあったろう
しかし 雫をワインへと向かわせたものはそれではない


父の親友だった ロベールの一言

(父=ワインの)存在を否定するには
まずは 向き合うことから 


父から逃げ
ワインから逃げていては
何も 変わっていかない

それらから 解放されるには 
今一度 向き合って その存在を しっかり見極め 
自ら消し去るしかない

父がなくなった今
雫が向かい合うことができるものは
父の残したワインだけ
ワインに込められた父のメッセージを読み解く
それが父と向き合うこと


憎むと言う感情は すべての感情の中で
一番強いエネルギーを秘めているのじゃないんだろうか

無視することも 忘れることもできない
それほど強い想いに縛られている
ほんとうに 自分と無関係だと思うなら
忘れればいいんだ 
気にしなければいいんだ
でも それができない

それは 何故?
「愛してるから憎む」
「憎むことは愛情の裏返し」なんて 
軽い言葉で片付けてしまいたくはないけれど
それは 忘れることができないほど 
重いものであることは 否定できないだろう
憎んでいる本人が気付いていないくらい深いところに
憎しみの本当の理由は 隠されている



どんなに逆らってみても 
神咲豊多香の息子であるという事実を変えることはできない
ただ逃げているだけでは だめだ
父がこだわったワインというものに 真正面からぶつかるしかない


遠峰一青との勝負 
それは 父との対決でもあり
父の呪縛から 解き放たれるための自分との戦いに挑むこと





DRC リシュブール

レストランの店長が妻の好きだったワインだといって
開けてくれたワイン

一口飲むだけで 広がる100の花の香


もしかして これは あのときのワイン?
まっしぐらに走っていき 真偽を確かめる雫
やはり それは 母の命日に 父がお墓に供えたワインだった

「次に来るときは せめて 花ぐらい持ってきてください」
こんなときにまで ワインしか考えられない父に
押さえ切れない怒りを感じた雫


しかし
それは 100の花
父はワインという形をとって 
墓前に あくまで自分のやり方で 花を供えていたのだった


何も語ってくれなかった父
父は 自分に何をさせたかったのか
それが 知りたい

その思いから 遠峰一青との対決に向かった雫

シャトー ムートン ロートシルト


一青は <ミレーの晩鐘>だと評し
雫は <永久の別れだ>と感じる



ワインを飲んだだけで
1990年 その畑でとれた葡萄の味を思い出した雫
そして 母の記憶が身体を包む

風に飛んでいく 帽子
その持ち主の命は尽きる
自分の目の前で


自分が食べた美味しい葡萄を食べさせてあげたかったのに
それを口にすることもないままに 




父には負けたくない
父が僕に何をさせたいのか
その心を知るまでは 
僕はこの勝負を続けます




雫の長い間のワインへの拒絶は 
母の死に もっと深い秘密があるにちがいない

母の死に影響を与えたであろう父の存在とワインの関係
まだまだ 謎がありそうだ




ワインにまつわる出来事が
雫の古い記憶を甦らせ 母・父との絡まった関係も解き明かされていく
それとともに 雫の父への想いが変化していくのではないかと
そんな予想をしながら
次週を楽しみにしたい



ムートン ‘85年
「これだけは飲めない」のは 何故?









ジャニーズブログランキング
続き

1話が終わってほっとした
朝日新聞のテレビ欄では 展開が早すぎると評されていたが
1時間15分あっという間に過ぎていくテンポのよさは
私的には いい感じだった 

おぼっちゃま風の育ちのよさが引き出す
のほほんとした面白さ
紫野原みやびとの絡み
壁をやすやすと越えてくるみやびと
それに戸惑いながら 引きずられていく雫

父やワインに関わる話題では 厳しい顔
遠峰一青との対決でみせる激しさ
母との思い出でにまつわる満たされない寂しさ

亀梨君の二面性 活かせる話になってるんじゃないかしら



スポンサーサイト

タグ : 神の雫

コメント

予想外の面白さでした☆

おはようございます v-281
危ない、危ない。記事の冒頭がカブる所でしたよ(^^ゞ
「向き合うことから始め・・」の語尾が聞き取れ
なかったから、その後のダンスシーンに変更。
まあ、そのおかげで思わぬ発見がありましたけどネ♪
とにかく、ワインを飲んだのが決定的瞬間☆
    
あそこは、直前にマリアージュの重要性に気付いたのも
大きいですね。生ガキとワインの結びつき。
遠峰はカキを食べてワインを一口だけ飲んでる。
それを理解するには、やっぱり香りだけじゃマズイ。
幼い時のレストランシーンの理解にも、飲むことが大切。
         
あと、雫はフランス語が分かりますからね。
「Ma Famille」(私の家族)って名前の
店を助けることは、無意識の内に自分の家族を助ける
ことにもつながる。強力な動機付けとなるでしょう。
飲むことで、遠峰に対抗し、マリアージュを理解し、
「私の家族」を助けられる。父の友人も勧めて来る。
「Goutons voir!(飲んでみよう)」。
   
アハハ(^^) 僕も朝日のテレビ欄、読んでました。
あのコラムとしては珍しいほど辛口でしたが、
原作と比べて速いって話だから、原作を知らない
僕らとは前提が違ってますよね。
      
ともかく、意外なほど面白くて驚きました♪
2話で大コケしない限り、来週から本格的に
レビューしようと思ってます。
ではまた。今後に期待しつつ。。e-420

こんばんは。
亀ちゃんの存在を、忘れるぐらい ドラマに集中出来ればいいな~ というのが、第一関門だったのですが、
みごと、クリアー ^^
気がついたら、「えっ、もう終わり?」
ワインについて、すごーく 知りたくなりました。
ちょっと、ワインには、抵抗あって 敬遠してたとこあったんですが、
あれ? 嵌るかな?
それだけ、魅力的でした。神咲 雫
正直、数字的には、放送枠からいって、厳しいだろうな~と、思ってますが、
あの、キャストに揉まれて 役者として、成長していく亀ちゃんが 楽しみ。
きっと、また 階段を登って 次のステージへ進んでくれることでしょう。
どこまでも、ついてっちゃうけどね♪

おはようございます♪
1話 よかったですね!
<勘はいらない~>のセリフ 残りますよね
雫の心の動きが凄くよくわかって 緊張も伝わってきて、ホント引き込まれました
ポイントとなるシーンがどれも緊張感があって、亀梨君の本領発揮!
かっこよかったな~
リアルタイムで見たのは野ブタ以来でしたけど、TVのすぐ横で寝ている旦那が気にならない位 魅入っていました
我慢できずに原作を読んでしまった私は、予告のみやびちゃんの元気さに少しがっかりでしたけど、とにかく可愛い!明るい!華ですよね
むしろこのみやびちゃん 好き♪
今まで亀梨君のドラマは見なかった姉が、「これいい!これは見る!」と言っていたのが嬉しいです
1話の終わり方もよかったですよねっ 来週も楽しみです!

こんにちは
第一話、何度見返しても雫の涙に私も泣ける
雫に一青程のワインの知識があれば
『ミレーの晩鐘』を同じく唱えたかも知れない
けれど、一口飲みあの時の葡萄を思い出した雫はやはり
母との『永遠の別れ』という言葉で父が飲んだワインを表現したに違いない
そして豊多香も雫と同じ気持ちで亡くなる間際に飲んだのだと・・・思いたい(笑)

いや~まさに大人のドラマ
楽しい、面白い
原作と多少違っててもこれがいい!

きっと深い親子愛があったこと雫は気付くはず
ワインを通して様々な人間愛が描かれていくはず

雫と演じる亀の成長に今後も期待します

テンメイさんへ

予想外(笑)の面白さ
テンメイさんにそう言っていただいて嬉しいです!

父に反発し 
父が愛したワインに嫌悪に近い感情すら持っていた雫が飲む一雫
ドラマの大きな展開のキーポイントですよね
ワインへ向かっていく雫の心の変化
このシーンで いきなり歌って踊ることに
大きな違和感を感じて 悩みました
テンメイさん さすがです

さまざまな人々のワインへの想い ワインを取り巻く人間関係に
雫が関わっていく中で 
雫自身の親子関係の謎も
解けていくという作りになっているのでしょうね

フランス語は この物語に意味を与えるものになっていそうですね
テンメイさんが 本格的にレビューを決めて下されば
ドラマを観る楽しみが 何倍にもなるのだけどなぁ

とにかく 2話が楽しみです

マロさんへ

ほんとに あっという間に時間が過ぎていました
それだけ 引き込まれたということでしょうね
ワインについても 知りたくなりますよね
残念ながら 高くて手が出ないのと
ワインの味をゆたかに感じ取るだけの 
繊細な舌を持っていないのが 悩みですね

1話終わって ほっとしました
ほんと よかった~
でも また 欲張りな自分が抑えられません
詳しいことは また・・・・・

とにかく 火曜日が待ちきれません
続きが速く観たいよぉ
雫が生まれた年に何があった?

rannrannさんへ

1話 面白かったですね
ほんと 惹き込まれました

原作 読まれたんですね
私も 読みたくなってしまいました
次の展開が知りたくなるんですよね
<みやびちゃん>
ドラマの最初のオーバーな演技に引き気味でしたが
後半 雫とのつりあいがいいなぁと感じました
ドタバタうるさいんだけど
なぜか 邪魔にならない感じ(笑)
さばさばしてるからかしら?

お姉さまも観てくださってるの
ファン以外の人の反応が 一番気になるの
「これはいい! これは見る!」
っていう言葉 嬉しい!

来週 待ち遠しいですね


EIMYさん

雫の涙 
見るたびに泣けますね
でも また 私の悪い癖が出そうなんです
ドラマが 気に入れば気に入るほど
亀梨君の演技が良ければいいほど
「もっと もっと」と欲張りな私
実は 亀梨君の涙にも 注文があるんです
困ったやつでしょう(笑)
許してくださいね
詳しいことは 次回 語ります(笑)

遠峰一青との対決
私も EIMYさんと同じように感じています
これについても ゆっくり語りたいです(笑)

どのシーンにも こだわりたくて
また 長々と語ってしまいそうな自分が怖いです(笑)

2話 早く観たいですよね
雫の成長 楽しみですよね

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。