プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RESCUE


イントロが始まると同時に
心臓の鼓動が大きく響く

一瞬 彼を見失なった

赤い炎がゆっくり近づき
周りを取り囲もうとしている

彼だ
画面に広がるアップ

私の鼓動は 一瞬で止まる

サングラスで覆われた目は何を見てるの
強調される口元は 
不適な笑みを浮かべているようにも見える


青いジャケット
テランと光るその感触は 冷たさ
深い海の底のような 冷やかさ

赤い炎の中に浮かび上がる

自分の世界に陶酔しきったようなダンス
上田君を包み込み 飲み込んでしまうような妖しさ


そう あの炎だ
青くちろちろと燃える冷たい炎






サングラスを取った瞳は 険しく厳しい
許せない何かを見ているかのよう

I don’t wanna cry alone

助け出されるのを待ってるだけでは だめなの?



Call my name

俺の名前を 呼べと?

どんな場所にいても 
そこから 抜け出す意思
強い思いが 必要だと?

あなたの強い瞳は 私にそう言っているの?

最後まで 厳しさを含んだ瞳



ようやく 鼓動が戻り 
前より 大きく響く音に 自分で驚く

氷の冷たさが 去った後の
この熱さは何?


赤く熱く燃える炎より
もっと熱い 青く冷たい炎に触れた







ジャニーズブログランキング

それにしても 青い衣装 なんて素敵なのかしら
赤 黒 シルバー 白の中に 浮かび上がる青
冷たく光るあの質感

あんなに青が似合うなんて 再発見だわ


メンバーのそれぞれの衣装も好きだわ
本気のダンス 
アップの後ろに映り込むメンバーが素敵過ぎる

欲を言えば もう少し引きで 
全体のダンスが見れる箇所が もっとあったらな

スポンサーサイト

コメント

ゆっちの首マイクの鼓動に自分の鼓動が重なって
初披露って見てる方も、緊張するね
衣装チェンジで見失った亀、見つけた瞬間
ドキドキが最高潮に
何回リピッたか分からないほど繰り返し繰り返し見ちゃいました
ドラマとリンクして感情が蘇ってくるんだなぁ

こんばんわ。

RESCUE かっこよかった~。
リアルタイムで見れなくって 携帯で見ていた時は
小さな画面で気付かなかったんですが
帰って 録画見て びっくり!
上田くんの後ろで 踊る亀梨くん★
彩花さんの言うとおり 妖しい。。。。
そしてサングラスをかけることによって
かえって 口元が強調されているんですね。

いや~ぁ バックで踊っているのに
余計目を引くというか。。。。
そう来たかという感じで。

そう!ダンスは引きで撮ってほしい。
青い衣装も よく似合っていましたし。
何回もその場面見てしまいます。
もう悔しいくらい カッコいい★

今日は、亀梨くんのお誕生日。
23歳おめでとう。
今年も彩花さんと一緒に祝えてうれしいです。
私たちをいっぱい笑顔にしてくれる
亀梨くん。
亀梨くんにもいっぱい笑顔になるようなことが
ありますように!
 

まみちんへ

こんばんは

衣装を変えていたので
一瞬 見失ったね
でも その分 見つけたときに
テンション 一気に上がった!
心臓が止まったようだったわ

曲がおわるまで 気がつかなかったの
終わったとたん 凄い鼓動に自分が驚いたわ

そう ドラマと重なったとこ
オリジナルな部分
どっちも 浮かんできて
2倍 楽しめたわ

香織さんへ

こんばんは 
ねっ ねっ 上田君の後ろで踊る亀梨君の妖しさったら
半端なかったですよね
あの彼が 好きなの

青い衣装 凄く似合ってたね
青って 意外だったわ

今年も 一緒に誕生日がお祝いできて 嬉しいね

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。