プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





1 亀梨和也の恋人
2 亀梨和也の妹
3 亀梨和也の妻
4 亀梨和也のマネージャー or  プロデューサー
(名称はともかく 彼の仕事に影響力のある人)
5 亀梨和也の飲み友達



どれかに なれるとしたら
あなたは どれを選びます?



恋人はもちろん 
妹も いいでしょ? 
血の繋がりは永遠だもの

妻の座も 捨てがたいし・・・(笑)

飲み友達もいい
酔いつぶれる彼を見てみたい(笑)
でも 友だちのレベルから 微妙に彼女に近い位置がいいな
その曖昧さがたまらなくいいわ(笑)


でも きっと 私は
即座に <4>を 選ぶと思う

と言いながら
実際 選べるとしたら
かなり迷うだろうけどね(笑)




彼の持つ魅力を 余すところなく
世間に 知らしめたい



朝から晩まで
そのことばかり 考えていられるとしたら
幸せだろうなぁ~

えっ あなたじゃ 彼の魅力 引き出すのは難しいって?
確かにそうだろうけど

でも
やりがいのある仕事だね
もし 生まれ変われるものなら やってみたいなぁ(笑)



  


「もう そろそろじゃないかしら?」

長くお付き合いいただいている方は
心配してくださっていたのでは ないでしょうか?

素敵であればあるほど
好きであればあるほど
もっと もっとと 求めてしまう
言いたくなる・・・


そうです

それなんです
私の 困った性格

<京セラ>はもう明日
それが 始まる前に 話しておきたいの
ううん しなくちゃ いけない
自分の気持ちの整理


あれだけ素敵だった1582
文句のつけようのないパフォーマンスに
この上 何を言うことがあるの?

そのとおりなの

でも でも・・・
ごめんなさい
素敵だったからこそ 言いたいの

どうしても 書いておかなくっちゃいけないの
だって ここは 
私の正直な気持ちをとどめておく場所だもの

心を奮い立たせて書きたい
<辛口の感想>は そうでない記事の
何倍もエネルギーを必要とするのだけど(泣) 


<自分とは 全く反対の思い>であっても
受け止めてあげられるという寛大な方のみ
<つづき>から お入り下さいね
私のいつものグダグダに 
付き合える覚悟をしてくださった方だけね☆


そうでない方は 
絶対に読まないでください





これを書くのに
消したり また 書いたり
昨日から書き始め 5時間以上も かかったの
初めて1582を見たときの <説明しがたい苦しさ>が
どこから来るものなのか
分析に時間がかかったの

そして 書き上げた後も
アップするかどうか
何度も迷った

わざわざ 今更
言わなくてもいいこと
自分の中でも 今はもう消化できていることだもの

でも 初めて1582を見たときの気持ち
やっぱり ここに記しておきたい
そうじゃないと このブログを続けている意味がなくなる・・・

だから・・・
やっぱり ひとりで つぶやかせてください



(ここは 私の偏った見方をお話しするだけの場所です
異なった意見を交換する場だとは考えていません
「私はそうは思わない」という方が ほとんどだということ
わかったうえで 書いているのです

<過激な反論 や お叱りのコメント>は 
私の判断で 勝手に 削除させていただくこともあります)







<つづき>


1582


息をのむほど 綺麗だった

女でもあり 男でもある 亀梨カ和也
<亀梨和也> ここにあり・・・


魅せられた 
一瞬で ・・・




だから ・・・
だからこそ 言わせて



亀梨和也のダンスが好きなの・・・



2/13 Mステの ONE DROP

前奏の後
仁君 亀梨君が クロスしながら歌う
♪ 守りたい 一雫 ONLY LONELY YOUR TEARDROP ♪

亀梨君のシャウトと
仁君の ♪ 冷たい なんで こんなに冷たい ♪ の短い間

首を左に向けた後
ふっと 力を抜いて上を見て
左足で トトンと リズムをとるの

顔を撫でるように動く手の柔らかさと
トトンとリズムをとる脚の動きの鋭さ

腰に当てた<意識した右手>と
反対に何気なくおろしているような<無意識に見える左手>

一瞬のダンスにも 正反対の要素を混ぜ込んで
魅せてくる

♪ 胸の一雫 誰にもそっと流れてる ♪

歌っている仁君の後ろを
髪を掻き揚げながら ターンしていく
彼の後ろ姿


♪ 時のいたずら 振り回されたね ♪
上田君と 田口君の間から見える彼

頬を撫でる右手
軽く翳された左手

彼の手の動きが好き
直線的な鋭い動きと
曲線の柔らかさ
力の入れ加減と抜き加減


3/20  Mステ RESCUE
2番の上田君パート

♪ どんな微かでも 君の声聞こえる ♪

歌う上田君に 襲い掛かりながら後ろに沈み込んでいく亀梨君

メインで映る姿はもちろん
誰かの影から 見える彼
どんな小さな姿も見逃したくない

そんな私の気持ちにお構いなく 切り替わるカメラ
TVでは 彼だけを見続けることはできない 


彼のダンスが見たいの・・・
もっと もっと もっと もっと

もっと 長く
飽きるほどに 




センターステージで
水に噴き上げられた彼を見たあたりから

私の頭の中は<苦しい思い>でいっぱいになった

花火を持って回転するのも 大技だし
あの大きなドームでの フライングも
あんなに美しい姿で飛ぶことができるのは
彼だから・・・

凄い努力の結果だということも分かってるつもりなの

でも でも 私が見たいのは 彼の踊る姿

普段 TVの音楽番組では 
1曲ずっと 彼のダンスが見られるわけじゃない
彼の動きを追って
小さな姿さえ 食い入るように見ているの
見切れている場面では どんな風に踊ってるんだろうと
想像するしかなくて

満足した気がしない
彼の姿に飢えている

もっと 見たい
もっと 見たい

まるごとの彼を見ていたい
カメラが捕らえることのできない彼を
自分の目で見続けたい
1曲 丸ごと
3分ちょっとの間だけでも



それが叶えられるのが コンサートのソロ


彼のダンスに 浸りたい
彼のダンスに 酔いたいの




今回は 王道だったんでしょう?

だったら
派手なパフォーマンスはなくていいの
踊る彼がそこにいれば
私が待っていた 王道は
<THE 亀梨和也のダンス>
それを 惜しみなく見せ付ける彼の姿



花魁から 男性の姿に変わる 
太刀を持って舞う姿
妖艶さを一気に剥ぎ取って 精悍そのもの

でも・・・

あんなに激しく水をかけないで
水しぶきで 彼の表情が見えないの・・・


少しずつ変わる 彼の表情が見たいの


例えば こんな彼が見たい・・・

天井から 細い一筋の滝が流れる
滝に打たれ 張り付いていく上着
たくましい身体の線が 少しずつ露わになる

彼の顔を伝わる一筋の水
濡れていく髪
落ちてくる雫
髪の間から覗く 鋭い目


滝の下で 静かに太刀を振り舞い続ける彼の姿
刀が跳ね除けるしぶき

そんな姿が 見てみたい


大掛かりな舞台装置はなくていいの

もし 何か作ってくれるなら
巨大スクリーンがいい

彼の全身を映し出し
彼の表情の微かな変化を捉え
彼の瞳のアップを すぐそこに感じさせてくれる

天井席からでも 彼をすぐ傍に感じられる

コンサートの醍醐味は
彼を直接感じられること
彼だけを ずっと見つめていられること 

だから
高い舞台の上にあがったり
宙を舞ったりせずに
あなたを もっとしっかり 見せてほしい

会場のあらゆるところから ひとりひとりを見つめて歌ってほしい
あの鋭い視線を投げかけながら
より近くで舞うあなたを見たい


ひとりひとりの傍で 歌って・・・
あなたの表情を 近くに感じさせて・・・




激しさは 一見派手に見えるけれど
細やかな表情や動きを 見えなくしてしまう

彼の素晴らしさは 
移り行く表情
変わっていく瞳の色

滑らかで柔らかな
手の先
指の先まで 意識した動き
計算された曲線



激しい水しぶきや
空中のフライングでは
それを はっきりと見せてくれない

花火を持って回転することは 他の誰かでも
練習を重ねれば
もしかしたら できるのではないかしら

でも 彼のしなやかなダンスや
あの繊細な表情は 彼だけのもの
他の誰かじゃ だめなの・・・





あら あら ちょっとだけ つぶやくはずが・・


書きながら
自分のことが面倒臭くなってきた

今のままで もう 十分すぎるくらい素敵なんだから
もう それで いいじゃない
 
どうして そこまで 追求するかなぁ?
いつも 自分が求めるもの100セント欲しいって
なんか 余裕ないなぁ あなたって・・・





そんなんで じゅうぶん 楽しめる?

そうだよね

今からは 楽しむことだけ 考えたい
求めるだけじゃなくて
すべてを 受け止めてきたい





空中を舞う姿

曲げた脚の角度
布の使い方

美しすぎる・・・

これも 彼にしかできないこと



この姿を しっかり目に焼き付けてこよう


彼は 毎回 違う何かを届けようとしてくれる

今回も
今まで感じられなかった 何かを
感じられるはず



もう一度
まっさらな気持ちで 
京セラのステージを 受け止めてきます







ジャニーズブログランキング



スポンサーサイト

コメント

私も彩花さんと同感です。。
Mステでバックで踊る亀ちゃんに何度もキュンとなり どうしてこんな魅せ方が出来るんだろうと感心し今回のコンサートではRESCUEをはじめ6人のダンスが めちゃくちゃ楽しみでした。
あの広いドームで満遍なく見せるための大きな演出もいいですが コンサートならではのじっくり見せて聞かせてももらいたいですよね。

私も今回のソロに関しては、自ブロでも語ってて
亀梨和也の思う王道とは、これなんだ、みたいな。
本人直球って言ってるけど、私にはストレートに受け入れられず
やっぱりカーブかな?って思ってる。
王道って人それぞれ感じ方が違うと思うのよ。
今回の演出はドリボ向けじゃないのかな?とも思う。
1582の世界を表現するため、派手な演出になってしまったような。
感情がむき出しになっていくのがわかるもの。
KAT-TUNのライブの一貫としてとらえられるかどうか?
なんですよね。
派手なパフォーマンスはいらないって思うのもわかるし、
私もサムサムみたいなソロが自分の中では王道だと思ってる。
でも、彼は曲に合わせて演出も考えてきてるんだなって。
どんな作品だって彼は一生懸命に向き合って、
彼なりに演出して魅せてくれるんですよね。
だから、1582は普通には歌えないって思いますよ。

私は王道かどうかはどうでもいい。
今回のパフォーマンスは
今まで彼がやってきたことの集大成だと思う。
拍手を送りたいですねぇ~素晴らしいです♪

よくお邪魔させていただいています。コメントするのはすごくお久しぶりです。自分の思いを発信することってエネルギー使いますよね。彩花さんの世界観とてもすきです。
1582、私もかなり近く同じ気持ちです。もちろん亀がどんな思いであのパフォーマンスを私たちに届けてくれているのか、すごくわかるし『喜んでほしい』の想い・・感じてもいます。実際興奮もしたし、感動もしました。
でもドームに行く前に、自分の中で繰り広げられていた、あやふやだけど確かなもの・・それではなかった。
私のような人間は・・まあ、少数なんだろうな・・と思い自分の中でも、モヤモヤなまま言葉にしないでいた。
で、彩花さんの“オモイ”に出会い、私も自分の思いをことばにできました。
私は、1582の世界を彼の魂で歌ってほしかった。
亀梨和也の内からあふれだす感性で1582を、あの声で、切ない表情で歌いあげる姿を生で見たかったし、感じたかった。それだけでよかったんです。盛り込み過ぎて、繰り広げられるものに気をとられ・・歌ってる印象が薄い・・。
どんな表情で歌い、舞い踊ってくれるのか・・1582をどう魅せてくれるのか・・ドームの広い暗い闇の中に浮かびあがる和也・・アルバムを聴きながらオモイは、はじけるほどにふくらんでいたのです・・笑
きっと私の想像をはるかに超えているに違いないと・・(ある意味こえてましたが・・^^)
サービス精神が旺盛なゆえ、やり過ぎてしまう傾向有、それが亀梨和也・・とおもえば素直に受け取らなくては、とも思っています。
楽しかったですからね、コンサート、言うほど不満でもないんです・・ただ、違ったな、ちょっと違ったな・・簡単に言えばそんな感じなんですけど・・笑
まあね、そんな盛り込んじゃう亀もやっぱり好きだから、待ちます・・私の気持ちに気がついてくれるまで。亀ちゃんが、いろんなものを削ぎ落としていく事に、喜びをみつけてくれるまで・・ね、笑

私のもやもや解決しました。
私も同感です。亀ちゃんの踊り見たかった。
あーゆうのはドリボで。って思いありました。
こんな思いの方もいらっしゃるんだとびっくりしました。
誤解されないように、あれはあれでとってもすばらしく
感動しました。 でも・・・・って気持ち私もずっとあったんですよね。
全部私の気持ち彩花さんが言ってくれました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いずみさんへ

こんばんは
コメント ありがとうございます

Mステ RESCUEのダンス
ほんとうに 素敵ですよね
もう 何度見たか知れません
バックで踊る姿 素敵過ぎて
カメラで撮れていないときは どんなダンスなんだろう
見たい 見たい 見たいと
<飢えた気持ち>になってしまいます(笑)
丸ごと 彼のダンス 堪能してみたいですね

うさこちゃんへ

>今回のパフォーマンスは 
>今まで彼がやってきたことの集大成
確かに そうですね

あんな魅せ方は 彼にしかできないし
実際見て ほんとうに綺麗だと思いました

KAT-TUNの中での責任を果たすとすれば
ああいう形になるのでしょうね
WSでも 新聞でも取り上げていただき
<KAT-TUNここにあり>
世間にアピールする切り込み隊長

自分に与えられた使命を果たそうとする彼が愛しい
誇らしくも思う
けれども 彼の魅力を味わい尽くしたいという
我侭な欲求も満たしてほしいと願ってしまう私は
<強欲>ということでしょうね(笑)

harukawaさんへ

お久しぶりです
覗いていてくださったのですね

私の言い足らなかった部分
すべて補ってくださった気がします
>内からあふれだす感性で 1582を
>あの声で、切ない表情で歌いあげる姿を
>生で見たかったし、感じたかった
>それだけでよかったんです
もう その通りです!

一言で言えば
コンサートの前に 曲を聴きながら
自分の世界を作り上げすぎていたということかもしれませんね

>楽しかったですからね コンサート
>言うほど不満でもないんです・・
>ただ、違ったな ちょっと違ったな・・
>簡単に言えばそんな感じなんですけど
ここも あんまり 私の気持ちのままで・・・

「ねぇ 俺どうだった?がんばったろ?」

そんな彼の声が聞こえてきそうで
「うん よかったよ 凄く綺麗だった」
そう言ってあげたい

だって ほんとにそうなんだもの

でも・・・
この「でも・・・」が 余計なのね(笑)
彼の一生懸命 受け止めてあげるだけでいいのにね

サービス精神旺盛すぎる彼が
削ぎ落として魅せることの素晴らしさに気付く日を
待つことにしましょうか

ぶつぶつ言いながら待つこと
実は 結構 楽しんでいるのです(笑)

midoriさんへ

コメント ありがとうございます

>誤解されないように
>あれはあれで とってもすばらしく感動しました 
>でも・・・・
その気持ち 分かります
私も そうなんですもの

彼の一生懸命をしっかり受け止めながらも
自分の偽らざる気持ちも 
自分自身で受け止めていきたいと思っています

ちょっと面倒臭くてしんどい自分の性格
愛しく思っていきたいです(笑)

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます

すべてが見たいという気持ち
分かります

楽しんで来てくださいね
私も 楽しんできます

Yさんへ

彼は 最高のパフォーマー
でも・・・
その「でも」という気持ちに同感してくださって
ありがとう

Nさんへ

ステキな呟きなんて ありがとう
ダンスの同じところを リピっていたのですね
京セラ 楽しんできましょうね

Kさんへ

「すごく分かる」って
優しい言葉 
ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

思ってはいけない…と思っていたのに(苦笑)、いるんですね、同じような思いの方が。
『彼の素晴らしさは…』の彩花さんの言葉。
頷きまくりです(笑)。

ずっと見とれていました。圧倒されました。
でも、でも『何かが違う』と、頭の隅…いや、ど真ん中で叫んでいて、集中出来ませんでした(笑)。
ここはドーム、これでいいんだ!と思いながらも…。
見る前に曲を聴き、訳の分からない涙を流し、勝手に世界観を作った自分が悪いんでしょう。

ドームの亀ちゃんを否定したりはしない、絶対に。

ただ・・・そう、ただ強欲なだけ…。
彼の魅力をもっと・・・と。それだけですよね!?(苦笑)

どこまでも

京セラ初日。天井席からみた亀梨君のソロ。
東京ドームでみた1階スタンドでの感想は、「もっと近くで表情」見たいでした。
欲張りな私はそう思いましたし、できたらドリボ会場でと思いました。
やっぱり近くで表情見ながら、本当に浸りたい・・というのが本音です。

でも今回京セラで天井席でみて、全然見え方が違うのですよね。天井席でみた亀梨君。良かったです。もう表情なんて最初から期待できない。ならばこのドームの空間を使ってどこからでも楽しんでほしい。
そんな気持ちも伝わりました。

ドームの公演って1回では、堪能できないのだと昨年学びました。アリーナでも不満が、でも天井席でも満足が・・・・・。

やっぱり彼の性格も考えるとドーム全体も考えてくれたのではないかと思いました。当然がっつり近くで見たい気持ちもありますから、それはドリボ期待かな?ドームには限界があると思います。

亀梨君へは男目線を入れたことへの絶賛です。女で終わらなかったことこれはファンの期待をわかっていたのでしょうか?男に変わったところに、落ちてしまいました。彼の考えなのか、私的には、これは絶賛です。

明日?いやもう今日になりました。楽しみましょうね!!

鍵コメさんへ

ありがとうございます
東京から 何日も経って
こうやって いろんな方とお話した後
また コンサートを見られること
凄く しあわせです!
わくわくです

変な大阪弁も含めて 楽しんできますね(笑)

P.S. やっぱり 4番ですよね

sayaさんへ

コメントありがとうございます
思ってはいけないことですよね(笑)
ましては 口に出すなんてね

私も ずっと 口に出さず
家族にも 話さず(笑)
心の中にとどめていました

>ここはドーム、これでいいんだ!
>と 思いながらも…
>見る前に曲を聴き 訳の分からない涙を流し
>勝手に世界観を作った自分が悪いんでしょう
私もsayaさんに 頷きまくりです(笑)

>ドームの亀ちゃんを否定したりはしない、絶対に

そうなんです 否定じゃないんです!
「でも・・・」
強欲 ただ それだけですよね(笑)

彼の思いも納得し 自分の思いも整理できたから 
今 書くことができた
言葉にしようと思えた

でも こうして書いてよかった
思いが分け合えて・・・

こんな楽しみ方もありですよね

おけいこさんへ

お帰りなさい
1日目の感想 ありがとうございます

東京1回目が 天井席だったのに
全体を楽しむ余裕がなくて 惜しいことをしました

あれから何日も経った今は
また 違ったものを受け取れると思っています

コンサートは 見せる側と受け止める側の
両方で作るものですものね
今日の私は 受け止める準備万全
もう 今からわくわくです!

京セラは、何日に来られてたんですかぁ?
私は、土日参戦してましたよ~♪
私は、全然違う意味で、亀ソロ無理です(^_^メ)
なんせ、あたし、かわいい亀ちゃんオンリーな人なんで、コンサに行くと、ホントかわいい亀を探すのに苦労苦労ですよ(笑)
亀ソロみたいなのは、全く私の方向性とは、かけ離れてるんだもん(泣)
でも、MCの亀ちゃんは、超かわいくって大好き♪
なんて、かわいいんだろう~!!!って、思っちゃいますね~!!! ほかの亀担さんは、今回のソロ結構気にいっていて、評判良いみたい・・・
で、昨日の京セラは、いかれましたか?
もう、感動、感動、感動の嵐でしたね~!!
あんなに、京セラで、盛り上がれるとは、思っても
みませんでした・・・
大阪って、いつも、サクサク終わっちゃうのにね
ホント、ロクーン最高!!!って何度も思っちゃいました~(^v^)

彼ならでは・・・

彩花さんの言いたいこと、よ~~く分かりますよ。
でも・・・私は今回のソロは大好きです。あれは彼にしかできない!!と心の底から思います。
「王道」とは言い難いですけどね。でも「ありがとう」って言いたい気持ちでいっぱいです。

初めて見た日。涙が出そうになりました。後半部分に関しては若干いろいろ詰め込み過ぎ?とも感じたのは確かですが(苦笑)
私も体全体を使ってがむしゃらに踊る彼が好きです。だからソロでも踊って欲しいという気持ちはもちろんありましたが、彼の作る1582の世界にガッツリ浸ってしまいました。そのかわり6人の時は双眼鏡で彼だけをガン見してました。彼の踊りを。。。今回はそれで十分だと思えました。
ドリボではまた違った演出をしてくれると期待してます。

MOKAちゃんへ

こんばんは
京セラ 楽しかったですね
今となっては もう夢を見ていたかのように思います
MOKAちゃんは 可愛い亀梨君が好きだものね
MCの亀梨君は とても可愛かったね

nabさんへ

胸にあった気持ちを 打ち明けたので
京セラ 全く違った気持ちで受け止められました

どちらも 私の感じたそのままの気持ち
大切にしまっておきたいです

こんにちは

初めて1582を見て 特に水をかけるシーンで、ひいてしまった理由がわかりました
すっきりした~
ライブの1ヶ月前に娘に、お母さんはどんな亀が見たいの?と聞かれ、ガシガシ踊る亀梨君!と答えていたのを思い出しました
でも天井席から見ると、水をかけられてターンする雄々しさと、その直後に見せる妖艶さ 噴水に半身をあずける表情・身のこなしはホント亀梨君ならではですね
京セラでは、東京に増して艶っぽさや気迫が増したとか…
彩花さんの「1582 IN 京セラ」を読んでも更に想像が膨らみます
ウラヤマシイ!!
私の参戦は終わってしまったので(ホント暫くは抜け殻でした)、進化し続けてまた東京に戻ってきた1582が DVDになるのを待ちます!
長いだろうな…

今までのソロなら、サムサムが一番好きでした
楽曲自体も一番好きだし、しなやかなダンスとふんわりした優しい雰囲気が癒し系で…
かわいい笑顔系あり エロティック系あり 1582系(表現断念しました…)あり
ファンが求める亀梨和也の王道って数限りなく…ですね
さすが一秒ごとにイロを変えるヒト
次のソロは、仁君ばりの でも彼にしか出せない本気の<THE 亀梨和也のダンス>が見たいですね

rannrannさんへ

こんばんは
ひとりひとりが求めるものって
それぞれ違うから
それに応えるのは難しいだろうな
でも 求めてしまう
求めたい


私が求めるソロは
<ツキノミチ> <夏の終わり>みたいなしっとり歌うものか
ドリボの<離愛>を進化させたようなのかな

衣装は ある程度こだわってほしいけど
あとは 大げさな仕掛けや装置はいらない
彼自身をもっと見せてほしい
彼の歌を味わい
彼のダンスを 飽きるまで見ていたいの

THE 亀梨和也 見たいですね

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |