プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日が経つに連れて
いつのことだったのか
本当にあったことかどうかも わからなくなってきました(笑)
思い出そうとすると
現実の世界と 虚構の世界が交錯して 
交互に現れるような 不思議な感覚です


何を見たのか 
何も覚えていなくて
とき折 彼の顔がフラッシュバックするだけで
ただ ぼうっとしています


あれは 帝劇という限られた空間で 
限られた時間の中で見た夢


<ガラスの靴>を履いて お城(帝劇)に行った私
座席に <ガラスの靴>を片っ方 置いてきたままなのに
誰も 私を迎えに来てはくれません(笑)

破れたエプロンをつけて 
ずっと 日常の雑多な用をこなしていくだけなのですね


変わることの無い毎日
ずっと続く日常


かぼちゃの馬車が 迎えに来て
もう一度
お城に連れて行ってくれないかしら?(笑)




ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

コメント

おはようございます

私も 全く同じです

何で 憶えていないんでしょうね
あんなに彼ひとりに集中して きっと傍から見ると怖いくらいにガン見していたのに…
ホント 夢のような時間でした
初めてライブに行ったとき以上に(もしかしたら 時間が経てば経つほど)現実の世界へ戻り切れません
今日も変わらず お城には王子様がいるんですね

現実逃避(実際は淡々とこなしてはいますが…)
心は捧げたままです(笑)
今までも 好き好き 騒いでたけど、
その真髄を 目の当たりにして
逃れられないとこまで来たな って心境です。

舞台 って凄いね…
もちろん まだまだ 発展途上なんだろうけど
選ばれし者 って ことだけは、間違いないと…


カーテンコールの時の 自信と慈愛に満ちた笑顔が
何よりの ファンへの贈り物。
あの笑顔のためだったら どこまででも 行けるよね。

観てきました

ほんとにホントにお久しぶりのコメントです。
何故かって言いますと、「ドリボズ」今日観てきたからです。
感想をちょっとだけ彩花様に報告したくて。
つじつまが合わない、強引な展開には、突っ込んではいけないのだとは思うんですけど、スバルがあんなにまでしてカズヤに託した「弟」の手術が、カズヤが戻ってきた時にはすでに終わってしまっているのは、残念です。
カズヤが戻ってきたおかげで弟の命が助かるんじゃなきゃ。
絆をキーワードに、母子、友情、兄弟、夢、自立が盛りだくさんに描かれていて、見せ場も多いのですが、もうひとつ感動できないのは、カズヤの心象が丁寧に描かれていないせいだと思います。いろんなものがばらばらに描かれたままで帰結してない感じ。

亀梨君は立ってるだけで悲劇が似合う素材で、ジャニーさんはそれに惚れて亀梨君を抜擢したのではないかと勝手に思っているのですが、脚本はそれに甘えている気がします。

もう少し脚本に手が入れば、ブロードウェイでだって勝負できる素晴らしい作品になるのにって思いました。

亀梨君のパフォーマンスに関してはもうホントに大満足で、彩花様がおっしゃってるように、あの瞬間、この瞬間の、亀梨君の苦しげな表情が、艶かしい首筋が、カサカサささやく様な声が、振り絞るような歌声が、伸びやかな肢体が、ふわふわしています。

rannrannさんへ

ほんとにね
あれだけ 彼一人を見ておきながら
何も覚えていないなんてね(笑)

今日も 王子様はお城にいて
たくさんのシンデレラが
ガラスの靴を置いてきたのでしょうね(笑)
そして 今頃 夢の中
かぼちゃの馬車は
来そうにありませんね(笑)

マロさんへ

カーテンコールの彼の微笑み
涙が止まりませんでした
1回1回のステージに
魂を込めていることが伝わって来ました

舞台は凄い力を持っていますね

ひすいさんへ

お久しぶりです
そして お帰りなさい
感想 ありがとうございます

そうですね
ご指摘の部分
私も 引っかかってはいました
彼の演技が素晴らしいので
余計に もったいない気がしますね
今回は 彼の1シーンごとにかける気持ちに感動して
劇の流れは あまり気になりませんでした
前回より スッキリしたのもあるしね
ただ 彼には ぜひ 他の舞台にも挑戦するチャンスが来てほしい
そう 強く願います
あの<かさかさ囁くような声>
私も 大好きです!

初めまして、ずっと以前からこちらを覗かせて頂き、いつも彩花様の表現力に感激しておりました。
今回 幸運にも200回目を観覧いたしまして、同じ様な症状となり、初めてコメントさせて頂きます。
私も帝劇の座席に魂を置いてきたようで、非現実の世界から現世に戻ってきていないような、あの時間、あの空間はホントにドリームワールドで、未だに心ここにあらず。
キラキラ発光しているカズヤの横顔が 頭の中をよぎるのです。
重症です。
未だに赤いランプのタクトで操られているような。
それだけ パワフルにバージョンアップしたドリボだ、という事でしょうか。
また彩花様の感想楽しみにしてます。お邪魔しました。

リベロさんへ

初めまして
いつも 覗いてくださってたんですか
初コメ ありがとうございます

ドリームワールド
まさに そうでしたね

そうそう 
>きらきら発光してる彼の横顔
ほんとに 輝いていましたね
彼のタクトで 操られて私たち
いつまでも そのままでいたかった(笑)

また 着てくださいね
お待ちしています

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。