プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーウィークも終わりです
連休中 例によって温泉に行ってきました
娘がお留守番だったので 日帰り強行軍

往復とも25キロの渋滞
朝 7時に出て 夜中2時に帰ってきました
癒されに行ったのか・・・ 
疲れに行ったのか・・・

しかし 全行程 夫の運転なので 感謝 感謝

8月の末
伊豆の温泉に 娘と3人で泊まりに行ったけれど
温泉に凝っている夫には 何やらお気に召さなかったようで
今回は 奥飛騨温泉郷<平湯温泉>に行きたいとの強い希望です

神の湯
平湯の湯
ひらゆの森
3つの温泉を 次々 はしごして 

10年以上前に 家族でキャンプで来たときとは
すっかり変わっていました
便利で綺麗になってはいたけど
ひなびた趣を失ったようで 少し淋しかったです

神の湯は 
夜中に4歳の娘と二人きりで山の奥の湯に浸かって
生きた心地がしなかったの
怖くて 怖くて


今回は昼間だし
シルバーウィークで いっぱいの人で
同じところだとは思えなかった

ここは<仕返しの湯>とも言われていて
女湯の方が山の上にあって
男湯を覗けるそうです
もちろん 
誰もそんなことしようとする人はいませんでしたけど(笑)


温泉に浸かっていると
隣に 3ヶ月ぐらいの男の赤ちゃんを抱いたお母さんが入ってきたの
その人の顔は 穏やかで静かな満足感で溢れていた
「なんて 美しいんだろう」
大切な命をいだいて 希望に満ちて キラキラ輝いて・・・


私も かつて 娘たちを胸に抱いていたとき
こんな顔をしていたのだろうか
「この命を大切にしたい」
あのときの気持ちは 今も 同じ・・・

なぜだか そのとき
お母さんにいだかれていただろう<彼>の顔も
頭に浮かんできました

今頃 舞台の上で 自分と闘っているだろう<彼>
きっと 深い愛で守られてきたんだろうな
こんな愛くるしい赤ちゃんだったんだろうな


そして そのとき
もう一つ 気付いたの
私も 母にこうして守られてここまで来たんだ

もう若くないなんて
未来が もう 見えないなんて
諦めている場合じゃないわ(笑)

どんな命にも明日はあるもの
若い命も もう若くはない命も(笑)
明日を待つとき 希望に満ちて輝いている



ふと 気がつくと
少し 離れたところから
私の母くらいの年齢の女性が 
その親子連れを 優しい笑顔で見つめていました

生まれ 守られていく命の輝き

なんだか 心が ほっこりして 元気になりました






ジャニーズブログランキング




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

そうですね
私の職場も そんなときありますよ

ごくせん
いろんな年代の方
いらしてましたね

若くない命も
輝きをうしないたくないですね
僅かな輝きでもね(笑)

うん、わかるわかる!!!
小さい子供とママさん見ると、ホント、あの頃は、子育て必死で気づいてなかったけど、まわりから、温かく見守られてたんだなぁ~って思うわ。
あの時、もっと、余裕持って、子育てすればよかったって、今頃思ってますが・・・

Kさんへ

帰り ほんとうに大変だったのよ
でも あのお母さんの顔
ほんとうに 美しかった
マリアさま? 女神? 仏様?
なんて 表現したらいいかしら?

MOKAちゃんへ

ほんと 周りから 温かく支えれれていたんだね

そうね
今から考えると
そんなに力まなくてもと 思うけど
そのときは 夢中で 
必死って感じになっちゃうんだよね(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。