プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今 気になる女優 №1は 井川遥さん


北川悦吏子さん脚本 ドラマ<素直になれなくて>では
ナカジ(瑛太)の 年上の元彼(モトカノ)役
家族を援助するため お金持ちの男性と結婚するんだけど
心は まだ瑛太にあって 彼を手放したくはない
ナカジとハル(上野樹里)を邪魔する悪い女

自分で傷つけた腕を
ハルに傷つけられたと嘘をつくような
女から見て 間違いなく<嫌な女>なんだけど
実際演技している彼女を見てみると
なんだか 許してしまえる

「彼女って こんなに綺麗だったかしら?」
と 注目していたら


その後の キンチョール・謎のCM
言ってることの意味は さっぱりわからないんだけど
とにかく 色っぽい


そして
ついに
今回のインテルのCM

いやぁ~
素敵過ぎる!


編集長に怒られながら 
都心からはなれた辺鄙なところまで 
電車に揺られ バスを乗り継ぎ 歩いて
原稿を取りに来た気の弱い若い編集者を
翻弄する 女流作家 井川遥 



「東京? 私そんなんに縛られるのだいっ嫌い」

まず この一言が 光る


東京は 日本の首都
<彼>のファンになって
やっぱり 東京から離れている不自由さ
身にしみることが多いの

なのに 彼女は ばっさりひとこと

何が便利で 何が不自由か
価値は 自分が決める

他人の決めた価値観なんかに左右されない自由さと強さ
反発したり 拗ねたりするんじゃなくて
心からそう思ってる
自然体

周りの田舎の景色に似合わず 家の中はモダン
ふわふわの白いカーペットに寝転んで
パソコンをいじる
ぶらぶらさせる足が 自由の象徴?

フランス語(?)を使い 画面の相手と自由に会話する
狭い世界なんかに 閉じこもってない

田舎とか 都会とか
日本とか 外国とか
そんな分け方はしない
世界は ひとつ 
カチカチと 押せば どこでも 誰とでも繋がれる
何でも 知ることができる

縛られない自由人




「私 知りたいこと 今すぐ知りたいの
君は何が知りたい?」


顔を近づけられて どぎまぎする編集者くん
濱田岳さん はまり役

あんなに色っぽい人に激接近されたら
そりゃ 誰でも どきどきするよね
なのに 全く気がついてない
また そこがいいの


パソコンの持つ自由な可能性と
既成の価値観に縛られない彼女の魅力
それが 一体となってる



<空から降る一億の星>(北川悦吏子さん脚本)で
木村くんと競演してた若いころは 
少しぽっちゃりして 垢抜けない感じだと思っていたのに
今は ほんと 綺麗!
たっぷりした感じが <熟した果実>

果汁が 今にも滴り落ちてきそう

艶っぽいんだけど
女の私から見て いやらしくない
でも 上品過ぎない

このバランスが 絶妙!




吉瀬美智子さんも 好きなの

<ブラッディマンディ>の悪い女役
素敵だった


どうして 悪女が好きなのかな

そういえば 小学6年生の頃
国語の教科書に <リア王>の脚本が載っていて
授業で それぞれの班が 劇をすることになったの
私 せっかく ジャンケンに勝ったのに 
優しい主人公のコーデリアを選ばないで
意地悪な姉の役を選んだんだった


主役を やりたかったはずなのに
なぜかなぁ

知らないうちに 悪い女に憧れていたのかもしれないね


顔つきのせいか

いつも「優しそう」って言われる
喜ぶべきなのだろうけど
あんまり 嬉しくないの
「ちょっと怖そう」って 言われてみたい(笑)

 <危険な匂い>だったら もっと 素敵なのに
あぁ 憧れるなぁ


そうだ!
私も 一度だけ  悪女扱いされたことがあったっけ

あれは 学生の頃
「お前って 自分のものにしてから 一発殴りたいタイプ」
ゼミのコンパで飲んでるとき
たまたま隣になった同級生の男の子に こう言われたの

なんで 私が殴られなきゃいけないの???


彼には <告られた>わけじゃないし
デートに誘われたこともない
こんなに酷いこと言われるような理由
何も 思い当たらない

なのに どういうこと???

いきなりの 過激な発言に 驚いて
その話題から 話をそらしてしまったの
そして すぐ隣の席から離れた

そういえば 女友だちと一緒に
彼の車で駅まで送ってもらったこと 何度かあったかも・・・
そのくらいで???




そのときは ショックだったし 不快だった
解せない気持ちでいっぱいだったけど
今になると ちょっと嬉しいかも(笑)
私も いっぱしの悪女?
歳を経て見ると
違った見方ができるものね(笑)


女でも男でも
<いい人>より ちょっと<悪い人>に惹かれる

私も 可愛い悪女になりたいの(笑)


実生活では 優しくて温かい人が安心できるけど
空想の中での憧れは また 別のものだね



さて 彼のドラマ
この冬は もうなさそう?

残念・・・


<悪い人>を演じる彼が見たかったの
憎らしいほど美しくて悪い男
そんな役が
彼に与えられるときが来ますように

 
駄目だと分かっているのに
どうしても惹かれてしまう
冷たい仮面の下に隠された別の顔
そんな 彼にしかできない<悪い男>
いつか 見せてくださいね






 
ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
井川遥さん 素敵ですよね。
お母さんになられて 一段と綺麗に 艶っぽくなられたような
媚びない感じが でも、冷たくはない 憧れます(かなり年下な方ですが…笑)
何年も続いた 冬ドラ
寂しいけど どこかホッとした気持ちも…
ちょっと インターバル置けて よかったかなって思ってます。
傾向が 亀梨和也ありきの作品(主役という ありがたい環境でしたが…)
ファンは嬉しいけど 最初から 色眼鏡で見られ 
受け付けてくれない方も いただろうし
これからは、作品ありきで 亀梨 つかったら 面白いんじゃないか
って、いうふうに なっていってくれたらな~
悪人顔 見て見たい!
冷たい視線 ゾクっとするよね~
でも、どこか儚げで 守ってあげたい…
これじゃ~ また ファン好みの 亀ちゃんになっちゃうね(苦笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マロさんへ

井川さん 素敵でしょう
今 夢中です(笑)

どんなに年下であろうと
憧れを持ってしまうの
歳を重ねた厚かましさで
もう その人になったところを妄想して
楽しんでいます

年齢を重ねて 習得した技術は この<妄想力>
大事な武器です(笑)

何年も続いた冬ドラ
やっぱり 今年はないとなると寂しい
1年に一度は 役者としての彼を観るのは
とても楽しみだったから
あればあったで 
心配したり 山のような注文をつけたりするのだろうけど
それも 楽しみのひとつだったのかも
そして 結果がどうあれ
経験は必ず力に変わるものだと信じているから
彼には いい役者になってほしい

ゴースポや 春の魂
忙しくて 無理だろうけど
単発でもいいから やっぱりドラマが観たい
脇役で 濃い役が見たいな
彼にしかできない 悪役
切望しています

鍵コメさんへ

齢を経て 素敵になる女性って憧れですね

今 30代の女性が本当に美しくなってきていると
感じますね
私の頃は 子育てに追われ
女であることを 放棄していたいたようにも思います
もちろん20代の女性は
若いという それだけでもう綺麗なんだけど
30代の女性は その上のプラスαを感じさせてくれます
年齢を重ねて 失っていくものもあるだろうけど
得るものも きっとある
そう思わせてくれる存在がいるのは
うれしいです

ほたるのひかりに出ていらした
<板谷由夏さん>も好きなんです
あのさっぱりした大人の女性のイメージ
私も頼りたくなる
男に媚びない感じ
すっきりした女らしさ
素敵ですね

随分年下の彼女たちではあるけれど
やっぱり 憧れます
憧れは エネルギーになる
勝ってにそう思っています(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。