プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KAT-TUN
待望の冠番組 おめでとう!



番組がなくなって
そのありがたみが身にしみた 

この長い間の 寂しさが 
嬉しさを倍増する

わちゃわちゃ楽しそうな5人
早く見たいなぁ



新たな始まりだね




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


母が 最近 自分のブログを立ち上げたの


若いときから 裁縫が大好きだった母は
本格的に習う機会はなかったけど
私たちの服を よく作ってくれていた

生地を身体に当てながら
デザインを あれこれ考える時間
幸せだったなぁ

娘たちの服も いっぱい作ってくれた

そう言えば
娘の幼稚園の卒園式の服も 母の手作り
私の服に合わせて作ってくれたワンピースは
ママ友たちに 好評だった



そして 今
「おばあちゃんだって おしゃれしたい」
だけど なかなか ぴったりな服がない
なら 「自分で」っと
買ってきた服を
自分に合うようにリメイク

気に入るまで 何度でも 何度でも
脇を詰めたり 襟ぐりの空き具合を直したり
自分に合うデザインをあれこれ考えて
しつけをし
ミシンで縫って 形を変えていく 
そのわくわくが
母の生きがいになっていた

ギャル風のブルゾンも
生地が気に入れば買って
たちまち 落ち着いたジャケットに変身



リメイクの楽しさ

それを 
仲間と 分け合いたい

そして その他の 
諸々の日々の暮らしについても
誰かとおしゃべりできたら

そんな思いが 母に芽生えた


「なら ブログがいいわ」と私

「ええっ! そんなの無理!」
足踏みしてる母を
無理やり 押し出したの



だって 
ブログが 私を変えてくれたんだもの


和也くんのファンになって
このブログを始めて
私の生活は 大きく動き始めた

世代の違う人とでも 思いはつながり
離れた場所からも 気持ちは届けられる

このブログでの出会いが
私の価値観を柔軟にした

新しいもの
見たことのないものへの壁は
どんどん崩される

今まで 
自分が知らなかった自分があらわになる



ブログは
母にも 何かをくれると思うの

他の人と同じでなくて いい
無理しなくて いい

母らしいブログ
母らしいペースで 続けていけるように
頼りないサポーターだけど
応援していきたいな


何歳からでも 
いつからでも
どんなことにでも 
挑戦できる


やりたいと思ったとき
それが その人にとって
<始めるに相応しい日>なんだ






ジャニーズブログランキング



 
スポンサーサイト

コメント

素敵!

彩花さん お久しぶり!

コメするのは 久しいのだけど ちょくちょく見に来てました
お母様にブログを薦められて 始められるのね!
ステキ!
私も 是非 お母様のブログ拝見したいな もしよかったら 教えて下さいな!

身構えると 書けなくなるのよね~
私も 自分のペースで書こうと思ってやり始めたら 半年 一年おき って
私は やっぱり誰かのを読んでるほうが楽しいと分かりました

彩花さんの前のエントリーに着物を買うなら自分が主役になりたい って書いてたよね?
凄く共感したなぁ~
これからも 末永く彩花さんらしいブログ楽しみにしてるからね!
では又

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kamehiroさんへ

お久しぶり
お元気そうでよかった

そうなの
母のブログをサポートしようと思ってるの
私で ギリギリの年齢だから
少し キツイとは思うけど
私と同じで 気だけは若いので(笑)
お友だちもできるかも・・・

もし 軌道に乗ったら
また お知らせさせてもらいますね

<自分が主役>
あぁ kamehiroさんも お仲間ね(笑)
よかった! 嬉しいわ!
そうなの
もう 分かってもらえる人とだけ
気持ちを分けあっていけばいいのね

やっぱり この年齢で
和也君のファンになる人は
ものの捉え方が似てるのかも?

多くの人には 分かってもらえなくても
大切にしていきたいわ

コメントに 力づけられたわ
ありがとう

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。