プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は 天皇誕生日で祝日
80歳になられた



<陛下のお言葉>

「天皇という立場は孤独とも思えるものだが
結婚により 私が大切にしたいと思うものを
共に大切に思ってくれる伴侶を得た」


そうね
想像できない大きすぎる重圧
深い孤独


人から見あげられる場所に立つ人の孤独って
大きいのだろうな


<彼>の横顔にも ずっと孤独を感じていた

愛してくれる家族
彼を囲む友だち
やりがいのある仕事
いろんなプロセスを経て
心が1つになった仲間

そんな中にあっても
やはり感じる<孤独>


私は そこに惹かれているのかもしれない

なぜなら 私も<孤独>という感覚に
囚われることが多いから・・・


もちろん 彼は孤独ではないだろうし
私の勝手な想いなのだけれど

幻想の中の彼に酔うことで
自分を慰めているのだろう




私自身


家族
友だち
仕事仲間

恵まれていると思う

なのに 何故なのだろう?


求めるものが 大きすぎる
足るを知ることができないからなのかもしれない


愛されたい

過剰にそう思うのは 
自分に自信がないから・・・

そうだ
愛されたいなら
愛を注ごう

けれども
それは 重すぎて 熱すぎて
相手を 押し潰してしまう

それは 愛とは呼べない
自己満足






ラムネのビンの中のビー玉

手に入れたいけど
瓶を割って手にしたとたん
それは ただのビー玉

瓶の中に入っているからこそ
ビー玉は輝きを増しているのだから

瓶ごと ビー玉を見つめる

そして それごと照らす
それが サーチライトの光なのかもしれない






野に咲く一輪の花


凛として 美しい

淋しさや 孤独なんて
まったく感じさせない

ちぎられても ちぎられても
枯れない強さ


その花を包む サーチライトの光
そして その花こそが サーチライト




手に触れられないものを
遠くから見つめて愛せる深さ

独りを恐れない
枯れることを怖がらない
静かな強さ



サーチライトの光に照らされたい
だれかの サーチライトになりたい



大丈夫です 
ご心配なく(笑)
ときどき こんな気持ちになります

クリスマスも近いのにね

「迎えに来たよ」って
赤い車に乗った王子さまが来てくれたら 
すぐに元気になれます

妖しい目をして牛の世話をする 
頭にタオルを巻いた無駄にセクシーな酪農青年も
大歓迎です(笑)



どちらもやって来るはずもないけれども
少し疲れているだけですから
時間が経てば 普段に戻ります
しばらく放置して置きましょうね(笑)




ジャニーズブログランキング
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。