プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激愛と評される セカンド・ラブだけど
不思議と<熱さ>を感じない

慶のまっすぐな求愛は
あまりにも まっすぐすぎて
鋭く尖った刃先のようにも思えて
<冷たさ>をも感じさせる

<冷たさ>というのは 
冷酷というのとはまったく違う種類のもので
世俗から離れた濁りのなさという意味だ

あまりにも澄み切った水というものに
魚は住みにくい

適当な汚れや 濁りというものは
生きる中である程度は必要なものだ

それが
ある種の温かみであったりもする


慶は 歪みも 濁りも 受け付けない

ただ まっすぐで純真

けれども
それが 優しさであるとは 言い難い

優しさとは 歪みも濁りも受け入れること
もしかしたら <弱さ>を許すことかもしれない

そういう意味において
慶は <強さ>を大切にして生きてきたのかもしれない




慶は 相手がどれだけ自分を愛してくれるかで
心を動かされることはない
自分がどれだけ 相手を愛しているのかということでしか
愛せない

嘘をついたり
誤魔化したり
そんなことは 優しさだとは思っていないし
そうあるべきだとも思っていないところが
ある種の<冷たさ>を感じさせられるのかもしれない

けれども 慶の<冷たい情熱>が
結唯の<冷え切った>日常を温め始めた

そして 慶も夢を諦め
結唯との生活を守る道を選んだことで
少し穏やかさを見せ始めたのだ



そして
一時は 恋愛における温度の釣り合いが
保たれた日々が続いた






けれども
また その均衡は崩れ始める

彼の振り付けと演出が認められ
世界を目指して 羽ばたこうとする慶

慶との何気ない毎日を 大切に守りたい結唯

すれ違いが 大きくなり始める




恋愛における温度差も表れ始める

ここへ来て 慶の心がダンスに対して<熱く>燃え始める

そして
結唯は 緩やかに<温かい日々>を望む


<冷たさ>
<熱さ>
<温かさ>

相手と同じ温度が心地よいというわけでもないのが
難しいし 面白いところだ




ジャニーズブログランキング








スポンサーサイト

コメント

彩花さん こんにちは

先日は コメ返を どうもありがとうございました
覚えていただいて とっても嬉しかったです
以前と全く変わらない 優しい言葉をいただいて
癒されました(感涙)
どうもありがとうございます

相変わらずドラマは見られませんが
彩花さんの考察を 小説として楽しませていただいています^^;

「セカンド」の意味
読みながらずっと なるほど~!と言ってました
>結唯が 慶にとっての2番目になる日
 <1番目でなくなる日>が来るのかどうか?≫
まさにそんな感じになってきましたね
ホントにすごい!!

><冷たさ> <熱さ> <温かさ>
思いつかなかった視点を読むのは、とても楽しいです
慶の愛し方についてもそうですが
好奇心旺盛で一つの事を深く考える 彩花さんの生き方が表れているんだろうな

激愛シーンばかり注目されてますが
彩花さんの考察を読んだら、ドラマのファンも増えると思います
…なんて、自分の事を棚に上げてますが
これも 本心なんです


私と言えば、そんな話になっているんだ!と純粋に楽しんだり
和也君の演技 見たかった…とぐずぐずしたり

私の姉も、過去に今の私と似たような体験をしていました
(血は争えないわ~)
ただ私と違うのは、
そのドラマを一切見ず 今も全力でファンをやっている事
私は中途半端です

ただコメント書いていると ドロドロの気持ちが落ち着いてきます
違う視点に触れるって 大事ですね


Mステは、
亀梨和也として、純粋に楽しみたいっっ



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

rannrannさんへ

コメントありがとうございます

小説として読んでいただいているなんて
嬉しいです

ドラマの解釈はいろいろ
それでいいと思っています

ひとりひっそりここで呟いているのが
幸せなのです
そして
一緒に楽しんでくださる方がいらっしゃるなんて
またこの上ない幸せです

rannrannさん
どうか 苦しまないでください
rannrannさんはrannrannさんの方法で
楽しんでくださいね


鍵コメさんへ

そんなに細かいところまで
お気遣いなさらないでくださいね

思ってらっしゃること
私なりに分かっているつもりですもの

ねっ


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。