プロフィール

彩花

Author:彩花
ごくせん・野ブタではかっこつけてる嫌なヤツだったイメージが、こんなに変わってしまうなんて・・・・・
人生 何が起こるかわからない
お友だちになってくださる方、募集中です


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
    携帯からはこちら★

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの瞳

お楽しみのDVD 新曲CD 発売もうすぐですね
20日には入ってくるって言ってたけど、何時に行けばいいのかな
楽しみだな

DVD発売を待つしあわせ
昨日のカートゥンKAT-TUNの満たされた気持ちの今だからこそ
私の心の中に引っかかっているものを吐き出してしまいたいと思います

亀梨君のファンの多くの方に
「あなたは 何を言ってるの!」
「あなたは 何も知らないのに 勝手なこと言わないで!」
と お叱りを受けるだろうということを覚悟して
どうしても書いておこうと思います
何よりも 亀梨君に対しての自分の思いを素直に書くことによって
自分をみつめていきたいと始めたブログだから

役者 「亀梨和也」 の魅力に惹かれたので
歌手としての亀梨君にはあまり興味はありませんでした
カラオケで青春アミーゴを歌っても ただ流行していた曲だからというだけのことで

ひと恋も終わり退屈な日々 ある日 突然 
「 亀梨君の歌でも聴いてみようかな 」 と 軽い気持ちでレンタルした best of KAT-TUN
それまで好きだったのは 
山下達郎 久保田利伸 ゴスペラーズ CHEMISTRY EXILE
歌の上手い 美しい声の男性歌手ばかりだった・・・
 
「なんや この雑音・・・(失礼すぎるぞ!)」 という家人の反応をよそに
けっして 手放しでは 上手いとはいえないのに
なぜかリピートがとまらない KAT-TUN



でも それ以上どうするというわけでもなく 日々が過ぎて 春になって
なまった体をもてあまし 
「 もうだめだ ダンベル体操 か ストレッチ でもやらなきゃ 」
突如 突拍子もないアイディアが浮かび
「 そうだ なんかDVDでも流して観ながらやれば楽しいかも 」
と、DVD 「 海賊帆 」を買いました

いきなり 雷が頭を直撃
勇也でも弘人でもない 「歌手 亀梨和也」

言葉でどうしても表さなければいけないとすれば
透明感
どこまでも どこまでも 透き通った あの瞳

深い深い 海の底のような
高い高い空の果てに続くような

わたしを どこまで 連れて行くのですか?
もしかして 空から来ました?
もしかして 見えない羽根 背中についてます?

雑念を取り払ったあとの
「ただ 自分の歌を伝えたい 見ている人を楽しませたい」
という純粋な強い気持ちがこめられた瞳


今まで 絶対に 「堕ちた」 と 認めたくなかったのに
ここまで 1年近く あえて立ち止まって来たのに
一瞬 でした

あの瞳に見つめられて歌っている上田君、中丸君 
「どうにか なっちゃわないの?」
と、要らない心配をしました

時折 あどけない子どものような笑顔を見せるかと思えば
次の瞬間 ぎゅっと 強い視線で わたしを放さない
次は どんな表情をみせてくれるの・・・
何度観ても また 観たくなる・・・
 

もっと観たい! 
そうして 買った Live of KAT-TUN ”Real face”

でも あの透明感は なかった・・・・・
黒い衣装 すてきなのに
うしろすがた 長い髪 どこかの国の王子様みたいなのに
あの瞳は なかった・・・・・
そして、となりに魂がどこかにイッチャッタような仁君
大好きな PRECIOUS ONE
感激で涙でいっぱいの4人と ・・・・・2人・・・・・

観ると 切なくなる

今度のDVD
あの瞳 もう1度見られるよね
あの時期を乗り越えてきたからこそ
今の6人がいるんだよね


    (追記)

このころのKAT-TUNに対して
わたしが偏った見方をしているのかもしれません

デビュー曲 Real Face のDVD メーキングの中でも
亀梨君 みんなの輪からはずれ気味だったし
メンバーお互いの印象も 亀梨君に対して
「わからないやつ」 by 仁君
「そこまで 前に出るかって感じ」 by聖
みたいな発言があった記憶が・・・ (ちがっていたらすみません)
亀梨君のみんなに対するコメントにも
今までとは違う投げやりさを感じてしまった

わたし自身 このころの亀梨君に あえて キツイ言葉でいうと
若干の 「驕り」を 感じてしまったというのが 正直な気持ちです
(あぁ ついに 口にしてしまった・・・・・)


たぶん 彼の心の中には
「自分が 引っ張っていかなくては」
という 強い責任感があったと思うのですが
その思いが 空回り気味で メンバーには伝わりきれていなかったのかな
と 思ったりしています
かなり偏った見方で すみません

でも、仁君の渡米を含み、もろもろのことで
あとのメンバーにも 亀梨君の本当の思いが見えてきたと思うし
亀梨君自身にも 
「ひとりじゃなくて みんなで頑張る」
ことの意味がわかってきたように思います
いろいろなことが 人を成長させる・・・


とにかく 今から また また 新たなスタートですね
楽しみです
いつも いつも 新たなスタート
進化していく KAT-TUN

   



スポンサーサイト

コメント

おはようございます^^

ananさんの文章、とても興味深く読ませていただきました。
“KAT-TUN海賊帆”は私が亀ちゃんに堕ちて初めて買ったDVDでした。“お客さまは~”も一緒に買いましたが、見たのは海賊帆が先です。
舞い、歌い、寒いトークの亀ちゃんにますます嵌ったのは言うまでもありません(笑)
“Live of KAT-TUN real face”これは仁くん不在時にものすごく待望して、涙を流しながら見た思い出があります。特に最後の曲プレシャス・ワン。
何かの雑誌でたっちゃんが「ライブで亀が泣いたら感動する」みたいなこと言っていたときがありました(不確かですが^^;)。亀ちゃんは大人になり始めてから『K』としての自分を誰よりも客観的に見ているのかな。そういう意識の中で、自分の感情をせき止めるものがあったのかな。それでもあの曲を歌う亀ちゃんは、感謝と清い心を声と表情に乗せて溢れさせてくれていると感じます。あの時期だから出来る繊細な美しさに瞬きも出来ないくらい見入りました。

今度のDVDの亀ちゃんはどんな表情を見せてくれるのか。ドームコンを思い出しながら待ちたいです^^

コメントありがとう

しゃとこさん
コメントありがとうございます

正直 「こいつは 分かってないヤツだ」と
だれからも コメントいただけないかもと覚悟していたので うれしかったです

しあわせな今だからこそ 今まで口に出せなかった小さな拘りを吐き出してすっきりしたいと思ったのです
わたしの偏った見方を そのまま受け取ってくださったこと うれしかったです
亀梨君 強すぎる責任感でいっぱいだったんですよね

うれしすぎて 書ききれなかった思いまで 
ブログに追記してしまいました
オイ! オイ!どんだけ 語れば気が済むんだ・・・

お時間あれば読んでくだされば うれしいです

こんにちわ

リアル魂の最後 亀ちゃん前髪をくしゃくしゃにして言葉も少なめで…泣いてたんじゃないかな?て感じ そう思ってまた観てください。仁くんが帰ってきてからの彼らは 以前より結束してますよね! 何より 亀ちゃんが楽しそうですもん(笑)        私はいつも亀ちゃん中心なので(苦笑)ようやく他のメンバーが 亀ちゃんのやる気について来てくれるようになったのかな?て 思ってます。

ananさん こんにちは!
うさこと申します♪
本当のことはいつか見えてくる・・・
で感動して 桜姫ちゃんとこから 飛んできましたf^_^;
そしたら またこんな感動的な文章が・・・
亀ちゃんいろいろ辛いことあっても今のメンバーだからこそ
乗り越えられるんだと思うよ!
それがKAT-TUNだから!
あっお邪魔してごめんねm(__)m
失礼しました

コメントありがとう

アールグレーさん
暖かいコメントありがとうございます
自分の気持ちを吐き出して浄化させた今
機会を見つけて、
もう一度 真っ白な気持ちで DVDを
観てみたいと思います

亀梨君への愛が強いほど、彼に多くを望み 
もっと 素敵なオトコに と
もっと もっとと 厳しい眼で見てしまう私です

できるヤツにこそ 愛のムチ!(笑)

うさこさん
桜姫さんのところから わざわざここへ来てくださったのですか
感激です!
そして うれしすぎるコメント
好きだよと 素直に表現できない私
ときどき すごく変化球になってしまうことがあるので
優しい眼でみてやってください (笑)
これからも よろしくお願いします

おそおそのコメントでごめんなさい(^_^;)
「透明感」に強く同意です

デビューの頃は他メンバーとの距離みたいなものは確かにありましたねえ
いろいろありましたけど、仁くんの復帰の時にじっくり話し合いをして人間関係もすっきりしたと言ってたので今は楽なんでしょうね。
パフォーマンス方面は別ですけど(チクリ笑)
山あり谷ありなれど後から振り返ったら感慨深くて楽しいかもですよ(・∀・)


コメントありがとう

この記事を選んでコメントいただいたことがうれしいです
ちょうど 同じようなときに 同じようなことを考えていたことに驚きました
イツさんの記事で自分では気付いていなかった深い部分に気がついてスッキリした反面、答えたくない疑問にも気付いてしまいました
この間 新DVDの予告少し見ました
・・・・・
いずれにしろ、自分の中ではっきりするまで待つしかないと思っています
とりあえず 1月ドラマです!
楽しみな分、少し不安です
でも どうせなら 楽しまなきゃ ねっ!

イツさんち 毎日覗いてますよぉ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。